トーナメント表
大分大会の組み合わせ

 第104回全国高校野球選手権大分大会の組み合わせ抽選会が15日行われ、出場44チームの対戦が決まった。開幕は7月6日。選手宣誓は大分工の梶原和人主将(3年)が務める。

 昨年センバツ準優勝で2連覇がかかる明豊と、今年のセンバツに21世紀枠で出場した大分舞鶴が第1シード。それぞれ2回戦からの登場で、明豊三重総合大分高専の勝者と、大分舞鶴大分西佐伯豊南の勝者と対戦することが決まった。大分西は昨年秋に4強に進んだ実力があり、勝ち上がれば白熱した試合となりそうだ。

 第2シードは今春の県大会で準優勝した柳ヶ浦と3位の大分商。柳ヶ浦は初戦で1回戦屈指の好カードとなった津久見日田林工の勝者と対戦、大分商宇佐楊志館の勝者と初戦を戦う。第3シードに入った藤蔭別府翔青中津北の勝者と対戦することになった。

 その他、「日本文理大附大分」の強豪対決が初戦で実現するなど、見どころの多い大会となりそうだ。

■大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 大分大会

■7月6日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 大分大会

第104回 全国高等学校野球選手権 大分大会
1回戦 佐伯豊南 13  -  3    大分西 別大興産スタジアム(新大分球場) 応援メッセージ
日本文理大附    2  -  1    大分 別大興産スタジアム(新大分球場) 応援メッセージ
別府翔青    4  -  0    中津北 別大興産スタジアム(新大分球場) 応援メッセージ