中学野球も活動中止から約2週間が経過 現場の声をまとめると....

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.04.21

中学野球の現場から上がっている声は?

 16日に緊急事態宣言が全国に拡大されたが、東京都をはじめとする7都府県では緊急事態宣言の発令から約2週間が経過した。

 ちょうど緊急事態宣言が発令された時期は、中学野球も各連盟がすべての活動中止を発表したタイミングでもあり、中学球児たちも自宅待機からちょうど2週間が経過したことになる。

 現場からはさまざまな声が上がっているが、今回は指導者たちから上がっている言葉をまとめていきたい。

 まず最も多く上がっているのは、やはり3年生の選手たちの心情を慮る声だ。最後の夏の大会も開催を危ぶむ声もあり、また進路を左右する大事な時期でもあるため、やはり選手たちのメンタル面を心配する声が上がる。

 「この状況だからしょうがないのだと思いますが、やっぱり3年生は気の毒ですよね。
 夏もどうなるかわからないので、親御さんとも連絡を取りながらサポートしていきたいですね」

 またその一方で、活動休止期間をプラスに捉えていこうとする見方もある。
 ある指導者は「最後の夏も大事ですが、それ以上に受験が大事な選手もいます。この期間でしっかりと復習してほしいですね」話し、受験勉強の貴重な時間に使ってほしいと選手たちに伝えていることを明かす。

 またある指導者は、「このような出来事は、人生の中でもそうそう起こることではありません。仕事に影響が出ている親御さんも少なくないと思うので、そんな親の姿を見て自分の人生にも活かして欲しいと思います」と語るなど、この出来事を人間的な成長に繋げて欲しいと願う声も上がっている。

 捉え方は様々であるが、選手たちを思う気持ちは変わらない。一刻も早い終息を心から願いたい。

記事:栗崎 祐太朗


関連記事
中学野球もコロナの影響が…。中学硬式・軟式の各大会中止・延期情報一覧リスト
活動中止の波が広がる中学野球 リトルシニアはTシャツの無償配布で「選手たちに勇気を」
中学屈指の138キロサウスポー・川井泰志(桐生ボーイズ) 運命を大きく変えたボーイズ日本代表での経験

【関連記事】
【動画】軟式144キロ右腕に九州の実力派内野手!注目中学球児たちのプレー映像特集! 【ニュース - 高校野球関連】
【動画】全国制覇8度の強豪・佐倉シニアの注目選手を紹介!元マリーンズJr.に制球力抜群の野球女子 【ニュース - 高校野球関連】
第2回 U-15代表4番、142キロ右腕など高校野球の世界に飛び込んだ12人のスーパー中学生たち【中学野球逸材コラム】
第17回 スケールの大きな大砲から経験豊富な実践派まで 2020年に注目の中学球児はコイツだ!【中学野球逸材コラム】

コメントを投稿する

前の記事:
19日の東京都大会は日体大荏原vs都立城東、帝京vs法政大高の一戦に注目!【秋季東京都大会】
次の記事:
最速151キロ右腕・森木 大智(高知2年) 連投準備整え四国大会に挑む!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る