海老根 優大(京葉ボーイズ)「別格」の一撃で 侍ジャパンU-15代表・大会5連覇決めた!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.25

5番中堅手でチャイニーズ・タイペイ戦に先発した侍ジャパンU―15代表・海老根 優大(京葉ボーイズ)

 愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで開催された「U-15アジアチャレンジマッチ2019」最終日。お互い全勝優勝をかけU-15チャイニーズ・タイペイ代表と対戦した侍ジャパンU-15代表は10対0で5回表コールド勝ちし、2012・2013・2015・2017年に続く5大会連続優勝を達成。その勝利打点を叩き出したのはやはりこの「規格外侍」5番・中堅手の海老根 優大(京葉ボーイズ3年・右投右打・181センチ83キロ)であった。 

 1戦目の松山市代表戦でレフトスタンド中段へ一直線に突き刺す中学通算26本塁打を含む3打数2安打1打点2得点。2戦目のフィリピン代表戦でも「打つ気にはやっていた」(鹿取 義隆監督)中でも選球眼の高さ、打球スピードの速さを発揮し2四球2失策により全打席出塁。加えて1盗塁に2得点と「チームが勝つために仕事をする」誓いを遂行した海老根は、チャイニーズ・タイペイ戦でも「入りもよかったし、やるべきことができていた」チームの流れに対し、自分の為すべき仕事を素早く抽出。

 

 1対0のリードながら試合がこう着しかかった3回裏一死一・二塁の場面では「次につなぐために逆方向を狙った」コンパクトなスイングからあっという間に右中間を破る適時二塁打。守備でも周囲にポジション取りを指示しながら自らも4回表二死から右中間深くのあたりを好捕。50メートル走6秒0の俊足をいかんなくチームに還元し「別格」の二文字をさらに際立たせた。

 大会後には「今大会では日本代表の野球・つなぐ野球を学ぶことができた。高校でも活躍するためにいい準備をしたい」と引き締まった表情で抱負を述べた海老根。U-15の規格外侍は、U―18の舞台でも規格外の存在となるべく、冬の研鑽に入る。

【関連記事】
U-15代表の田上遼平(世田谷西シニア) ジャイアンツカップ優勝、アジアナンバーワンの実績を引っさげて高校野球へ 【ニュース - 中学野球関連】
U-15で躍動した「積極性溢れるショートストップ」 八谷晟歩(佐賀フィールドナイン)が歩むのは田中広輔(広島)の道 【ニュース - 中学野球関連】
静岡裾野シニアvs京葉ボーイズ【ジャイアンツカップ2019】
第963回 松坂を育てた指揮官も絶賛!関東きっての韋駄天 今井海斗(東京城南ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第18回 「心気体技」で全国屈指の強豪に!「肉食系」の男たちを目指す京葉ボーイズの取り組みに迫る!【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第866回 身体能力抜群の2年生スラッガー・海老根優大(京葉ボーイズ)U-15代表入りへ決意を語る 【2019年インタビュー】
第850回 卓越した守備力でU-15日本代表入り!齋藤広空(京葉ボーイズ)の「守備美学」に迫る! 【2018年インタビュー】
U-15アジアチャレンジマッチ2019

コメントを投稿する

前の記事:
関東一、都立国立が都大会へ!日体大荏原と都立城東がコールド勝ちした試合を徹底レポート!【14日 東京都大会一次予選】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る