第590回 創部105年目に「春が来た」! 新たな一歩に地元の期待も高まる 石岡一(茨城)【前編】2019年03月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【石岡一の練習の様子をギャラリーでチェック!】
[1]地域に根差したチームが聖地へ向かう
[2]現在取り組む課題

 学校創立は1910(明治43)年、創部1914(大正3)年という歴史を誇る石岡一野球部。今春の第91回選抜高校野球大会に、21世紀枠代表校として選出されて、春夏通じて初めての甲子園出場を果たすこととなった。石岡市など街を上げて盛り上がる石岡一野球部を訪ねた。

地域に根差したチームが聖地へ向かう



バッティング練習の様子

 JR上野駅から常磐線の特急で1時間弱。土浦を過ぎると次の停車駅の石岡駅に到着する。駅を出ると、すぐに見えるところの小高い丘の上に茨城県立石岡一高校がある。

 全日制普通科6クラス特進科2クラスとともに、園芸科と造園科も1クラスずつ併設している。前身が農学校だったという背景もあって、学校は広大な敷地を有しており、野球部も校舎に隣接して専用球場を確保している。さらには、そのグラウンド横にはトレーニングルームなどもある。

 昨秋の県大会は県大会初戦で水戸工に完封勝ちすると、明秀学園日立土浦日大など甲子園出場実績のある強豪を下してベスト4に進出。準決勝では藤代に延長13回タイブレークの末に4対5で敗退。惜しくも関東大会進出を逃した。

 しかし、その戦いぶりや過去の実績なども評価されて、同校としては2度目の21世紀枠代表候補として県の推薦校となった。
 さらに、話題性のあった佐倉(千葉)や横浜商(神奈川)などを抑えて関東地区の推薦校にもなった。そうして9校が残った全国でも評価されて、晴れて21世紀枠代表を勝ち取ることが出来たのだ。

 茨城県勢としても、初の21世紀枠としての代表校となった。
 「私立校が優勢と言われている今日の高校野球にあって、普通の公立校に集まった生徒たちだけで戦って甲子園へ出場することに価値がある」

  常々、そういう信念で指導を続けてきた川井政平監督にとっても、指揮官として初めての甲子園出場となった。選手たちも、ほとんどが県南の地元の中学の出身者である。
 江戸崎ボーイズやつくば中央シニアなど、中学時代に硬式野球クラブを経験してきている選手もいることはいるが、大半は中学の部活としての野球部に所属していた。まさに、地場に根差した高校野球部なのである。

【次のページ】 現在取り組む課題

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第929回 センバツで150キロ出したい!夏の甲子園へ監督を連れていく岩本大地(石岡一)の覚悟【後編】 【2019年インタビュー】
第928回 地元の公立校で強豪私学を自分の手で倒したい!岩本大地(石岡一)【前編】 【2019年インタビュー】
第852回 星稜vs履正社、広陵vs八戸学院光星と激戦ばかり!勝負のポイントは?【大会展望・総括コラム】
第590回 長所を伸ばして成長させる!夢と充実感を持った選手たちとともに甲子園へ!石岡一(茨城)【後編】【野球部訪問】
第12回 石岡一(茨城)「練習の9割ダッシュやスイング!パワーアップして全国の舞台へ」【冬が僕らを強くする2019】
第833回 21世紀枠最終推薦校に選ばれた9校にはどんな逸材がいるのか??【大会展望・総括コラム】
第190回 ドラフト候補一覧を更新!佐々木朗希と奥川恭伸が特Aな理由【ドラフト特集コラム】
飯岡 大政(石岡一) 【選手名鑑】
岩本 大地(石岡一) 【選手名鑑】
石岡一 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム