試合レポート

【春季関東大会】超強力打線・帝京の快進撃が止まる! 白鷗大足利の山口・昆野を攻略できず、13年ぶりの夏への課題は「大黒柱の育成」

2024.05.26


先発した小野 寛人投手(3年)

【トーナメント表】春季関東大会 準決勝までの結果

<春季関東大会:白鷗大足利3-1帝京>◇25日◇準決勝◇上毛新聞敷島球場

強力打線を売りに勝ち上がってきた帝京だったが、白鷗大足利山口 幸大投手(3年)、昆野 太晴(3年)を打ち崩せず惜しくも決勝進出とはならなかった。金田 優哉監督は、「この敗戦をしっかりと受け止めて、よくやったとならずに、勝ち切らなければいけないです」と春の戦いを振り返っていた。

チームは昨秋、1次予選で二松学舎大附にコールド負け喫した悔しさをバネに冬場のトレーニングを積んだ。「とにかく圧倒しよう」と選手たちを鼓舞してきた金田監督の言葉通り、破壊力抜群の打線を形成し、関東大会でも2戦連続のコールド勝ちをおさめていた。ホームランも春季東京都大会からすべての試合で記録。この日も準々決勝で負傷交代となった富浜 琉心内野手(3年)に変わり、5番に入った梅景 大地内野手が一矢報いる一発を放っていた。それでも金田監督は、「ホームランがすべてではない。どうやって点を取っていくかがこれからの課題」だと語る。この試合でも、「選手たちは自分のスイングできるゾーンを持っているので、2ストライクに追い込まれてからどうするのかというところ。最後も追い込まれていたので見逃さず仕掛けていかなければいけない」と、追い込まれてからの打撃を指摘していた。

投手陣については、「(夏までに)大黒柱が出てきて欲しい。まだ1番をあげる選手はいない」ときっぱり。関東大会ではエースナンバーを背負う小野 寛人投手(3年)と打力にも定評のある村松 秀心投手(2年)が先発を経験し、リリーフでショートとの二刀流をこなす西崎 桔平内野手(3年)が登板している。その他にも都大会決勝で先発した黒木 大地投手(2年)や、1年生投手で唯一メンバー登録されていた仁禮 パスカルジュニア投手(1年)なども控える状況だ。打線が強力なだけに、投手力の強化が夏の甲子園出場のカギとなりそうだ。

昨年も春季都大会優勝を果たしたが、5回戦敗退に終わった。春連覇にもおごりはなく、「東東京で勝ち上がるにはまだまだ力が足りない」と金田監督。13年ぶりの聖地へ、”強い帝京”の復活に期待が膨らむばかりだ。

【トーナメント表】春季関東大会 準決勝までの結果

<関連記事>
◆【春季関東大会】白鷗大足利が帝京を下して決勝進出!山口幸大&昆野太晴のWエースで強力打線を1失点に抑える
◆【関東大会注目チーム紹介】帝京
◆【春季関東大会注目投手一覧】
◆【春季関東大会注目野手一覧】
◆春季関東大会でデビューしたスーパー1年生!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など

この記事の執筆者: 塩澤 風太

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.14

創部3年目・エナジックが昨夏王者にコールド勝ち!東海大福岡は8強入り【九州実力校・13日の試合結果】

2024.07.14

旭川実がプロ注目投手の活躍でコールド勝ち!金足農は吉田輝星・弟の完封で8強入り【北海道東北実力校・13日の試合結果】

2024.07.14

【全国注目シード校・成績速報】初戦を迎えたシード校に明暗!全国24校が初戦突破も、静岡で3校、青森で2校が初戦敗退【2024夏の甲子園】

2024.07.14

センバツ王者・健大高崎、花咲徳栄が主砲の一振りで快勝!専大松戸、前橋商もコールド発進!【関東実力校・13日の試合結果】

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.09

グラウンド使用は週1日だけ!「守備には目をつぶる」豊島学院が打撃戦を制する【24年夏・東東京大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】