試合レポート

【春季東海大会】コールドで決勝進出の中京大中京は選手層充実!登録変更の投手の好投に高橋監督も高評価!

2024.05.20


中京大中京・佐藤 爽楽

【トーナメント表】春季東海大会 結果一覧

<春季東海地区高校野球大会:中京大中京7-0津田学園(7回コールド)>◇19日◇準決勝◇長良川球場

初戦は、昨年の優勝校で静岡県1位校として登場してきた加藤学園に対して、1対0と僅少差で辛くも逃げ切った中京大中京(愛知)。エース左腕の中井 遙次郎投手(3年)の粘りの投球が光ったが、この日は、そのエースを温存することができた。選手層が厚く、高橋 源一郎監督も、「いっぱい使いたい選手が競い合ってくれているので、県大会からベンチ入りなども大きく変更したところもあった」ということだったが、県大会にはベンチ入りしていなかった選手も、この東海大会という場で役割を貰って、それぞれの存在を示していった。

先発の2年生左腕・佐藤 爽楽投手は、この春の県大会からベンチ入りしたが、与えられた場で好投して自信を得た。この日は先発を任されたが、左腕からキレのいい投球で、5イニングを投げて3安打無失点に抑えた。立ち上がりこそ、ちょっと硬さからか、先頭の森田 陽斗外野手(3年)に二塁打されたものの、慌てることなく、その後はしっかりと抑えていった。

杉浦 正悦捕手(3年)のリードにも引っ張られて、その後は、リズムよく投げ込んでいった。6回からは、この大会に入って、登録変更でベンチ入りしているという安部 遼平投手(3年)が好投。「これまで目立った活躍はしてきていなかったけれども、真面目にコツコツやるし、学校の成績もいいし、スタンドで見守っている仲間たちにとっても希望の星みたいな存在」と、評価している。

結局、この2人の継投が上手くハマって、完封リレーという形になった。

中京大中京の得点は初回に、1死満塁から、県大会でブレークしてクリーンアップに定着してきたという仲 健太郎内野手(3年)の適時打で2点。3回は無死満塁で併殺となる間に三塁走者がかえる形で追加点。4回には9番・松山 侑樹外野手(3年)の適時打で加点した。

4点リードの7回には、2番からの好打順で3点を加えてコールドゲームとした。

高橋監督は、「このところはちょっと、東海大会にも出られなくて早い段階で負けたりということもありましたが、今のチームはとてもいい雰囲気です。それぞれが、競い合いながら出てきているし、チームとしてのまとまりもいい。投手陣も層が厚くなってきている」と、夏へ向けて、いい形で仕上がっているという感触を実感しているようだ。

「こういう大会で自分たちの勝ち方、点の取り方をしっかりと築いていっていることで、またチーム全体としても上がっていっているのではないか。昨日(初戦)みたいに僅差の試合で競って勝っていくことでも成長していかれるし、試合を重ねていくうちに経験値も高まっている」と、いい感じでの仕上がりを実感しているようだ。

津田学園の佐川 竜朗監督は、「組み合わせの時から、中京大中京と当たりたいと思っていました。強打はあるけれども、バントをしっかり決めていくなどの緻密な野球をやってくるので、それにウチあたりが、どう戦って対処していかれるのかということも見たかった。また、中京大中京のそういった野球に、じかに触れることで勉強にもなる」という思いだった。

ただ、「本音を言えば、ロースコアで競って、4対2くらいで勝てればということは思っていましたが、今日のように中村のスライダーが高く入っていってつかまるようだと、コールドもあり得るということは想定もしていました」と、語っていた。結果としては、ちょっとよくない想定通りになってしまったということだが、「この負けを持って帰り、夏へ向けて勉強していきたい」と、決意を新たにしていた。

【トーナメント表】春季東海大会 結果一覧

<関連記事>
【春季東海大会】”2年生集団”の菰野が勢いが止まらない!名門・県立岐阜商を退け、決勝進出

この記事の執筆者: 手束 仁

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.18

今年の埼玉はプロ注目左腕2人が牽引! WBC優勝戦士の弟にも注目!夏を盛り上げる17人の好投手たち【埼玉注目投手リスト】

2024.06.18

埼玉の抽選決定!春王者の花咲徳栄は越谷東と初戦、連覇狙う浦和学院は正智深谷と対決!【2024年夏の甲子園】

2024.06.18

【大分】19日に抽選会!大本命の明豊に、大分舞鶴、津久見、佐伯鶴城らが迫る<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.18

【宮崎】19日に抽選会!本命なき戦いか、投手の延岡学園、打の宮崎商が大会をリード<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.13

圧倒的馬力! 鹿児島実の151キロ右腕・井上 剣也の実力を徹底分析!ライバル・神村学園を翻弄する投球術を身に付けられるか?<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.06.13

戦国千葉の組み合わせが決定!専大松戸のブロックに八千代松陰、市立柏ブロックに木更津総合、流通経済大柏と激戦ブロックが続出!【2024夏の甲子園】

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得