試合レポート

【春季東海大会】コールドで決勝進出の中京大中京は選手層充実!登録変更の投手の好投に高橋監督も高評価!

2024.05.20


中京大中京・佐藤 爽楽

【トーナメント表】春季東海大会 結果一覧

<春季東海地区高校野球大会:中京大中京7-0津田学園(7回コールド)>◇19日◇準決勝◇長良川球場

初戦は、昨年の優勝校で静岡県1位校として登場してきた加藤学園に対して、1対0と僅少差で辛くも逃げ切った中京大中京(愛知)。エース左腕の中井 遙次郎投手(3年)の粘りの投球が光ったが、この日は、そのエースを温存することができた。選手層が厚く、高橋 源一郎監督も、「いっぱい使いたい選手が競い合ってくれているので、県大会からベンチ入りなども大きく変更したところもあった」ということだったが、県大会にはベンチ入りしていなかった選手も、この東海大会という場で役割を貰って、それぞれの存在を示していった。

先発の2年生左腕・佐藤 爽楽投手は、この春の県大会からベンチ入りしたが、与えられた場で好投して自信を得た。この日は先発を任されたが、左腕からキレのいい投球で、5イニングを投げて3安打無失点に抑えた。立ち上がりこそ、ちょっと硬さからか、先頭の森田 陽斗外野手(3年)に二塁打されたものの、慌てることなく、その後はしっかりと抑えていった。

杉浦 正悦捕手(3年)のリードにも引っ張られて、その後は、リズムよく投げ込んでいった。6回からは、この大会に入って、登録変更でベンチ入りしているという安部 遼平投手(3年)が好投。「これまで目立った活躍はしてきていなかったけれども、真面目にコツコツやるし、学校の成績もいいし、スタンドで見守っている仲間たちにとっても希望の星みたいな存在」と、評価している。

結局、この2人の継投が上手くハマって、完封リレーという形になった。

中京大中京の得点は初回に、1死満塁から、県大会でブレークしてクリーンアップに定着してきたという仲 健太郎内野手(3年)の適時打で2点。3回は無死満塁で併殺となる間に三塁走者がかえる形で追加点。4回には9番・松山 侑樹外野手(3年)の適時打で加点した。

4点リードの7回には、2番からの好打順で3点を加えてコールドゲームとした。

高橋監督は、「このところはちょっと、東海大会にも出られなくて早い段階で負けたりということもありましたが、今のチームはとてもいい雰囲気です。それぞれが、競い合いながら出てきているし、チームとしてのまとまりもいい。投手陣も層が厚くなってきている」と、夏へ向けて、いい形で仕上がっているという感触を実感しているようだ。

「こういう大会で自分たちの勝ち方、点の取り方をしっかりと築いていっていることで、またチーム全体としても上がっていっているのではないか。昨日(初戦)みたいに僅差の試合で競って勝っていくことでも成長していかれるし、試合を重ねていくうちに経験値も高まっている」と、いい感じでの仕上がりを実感しているようだ。

津田学園の佐川 竜朗監督は、「組み合わせの時から、中京大中京と当たりたいと思っていました。強打はあるけれども、バントをしっかり決めていくなどの緻密な野球をやってくるので、それにウチあたりが、どう戦って対処していかれるのかということも見たかった。また、中京大中京のそういった野球に、じかに触れることで勉強にもなる」という思いだった。

ただ、「本音を言えば、ロースコアで競って、4対2くらいで勝てればということは思っていましたが、今日のように中村のスライダーが高く入っていってつかまるようだと、コールドもあり得るということは想定もしていました」と、語っていた。結果としては、ちょっとよくない想定通りになってしまったということだが、「この負けを持って帰り、夏へ向けて勉強していきたい」と、決意を新たにしていた。

【トーナメント表】春季東海大会 結果一覧

<関連記事>
【春季東海大会】”2年生集団”の菰野が勢いが止まらない!名門・県立岐阜商を退け、決勝進出

この記事の執筆者: 手束 仁

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.15

伝統校・県立和歌山に現れたスーパー1年生打者が2安打2打点の活躍で、2年ぶりの勝利に貢献!【24年夏・和歌山大会】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」