試合レポート

【阪神大学】今春引退予定の4年生が殊勲の逆転満塁弾!大阪体育大が先勝!

2024.05.10


4回裏に逆転満塁本塁打を放ち、仲間と喜びを分かち合う大阪体育大の井手上拓矢(写真中央)

大阪体育大が一発攻勢で大阪電気通信大相手に逆転勝ちを収めた。

大阪体育大は先発の林 勝宏(3年=駒大苫小牧)が3回3失点と苦しい投球。序盤から劣勢を強いられたが、3回裏に二死二塁から2番・福地 基(3年=昌平)の左越え2ラン本塁打で1点差に迫る。

さらに4回裏には二死満塁と一打逆転のチャンスを作り、9番の井手上 拓矢(4年=須磨翔風)に打順が回る。カウントは3ボール0ストライクと1球待っても良い場面だったが、「真っすぐ一本に絞って、真ん中に来たらいこうと思った」と甘く入ったストレートを強振。打球はレフトスタンドに飛び込み、逆転の満塁本塁打となった。

リリーフ陣の好投もあり、これが決勝点。対戦成績は5勝4敗となり、現時点で3位につけた。

殊勲の一打を放った井手上はこれがリーグ戦初本塁打。「最高でした。今までお世話になった人のためにどうにか一本出したいと思っていたので、最後にこういう形で一本出たので良かったです」と笑顔を見せた。ホームランボールは両親にプレゼントする予定だ。

卒業後は消防士への道を志しており、今春での引退を予定している。泣いても笑っても9日の最終戦が引退試合。「本気でやる野球は最後だと思うので、どうにか全力でガムシャラに1勝を勝ち取りたいです」と意気込む。勝利して有終の美を飾れるか。

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.27

【鹿児島NHK選抜大会】開幕戦は延長11回に及ぶ激闘!川内商工が5点差をひっくり返し、逆転サヨナラ!

2024.05.27

【鹿児島NHK選抜大会】伝統の「中玉戦」は鹿児島玉龍の完封勝ち!

2024.05.27

【鹿児島NHK選抜大会】樟南vs鹿児島商 かつて「御三家対決」は、樟南が逆転勝利!

2024.05.27

【鹿児島NHK選抜大会】出水工が延長に及ぶ激戦を制して、サヨナラ勝ち

2024.05.28

【鹿児島NHK選抜大会】川内商工が2試合連続逆転サヨナラ勝ち!雨のため2試合が継続試合

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【春季関東大会】センバツVの両エース打ちで勝利に貢献!逆転タイムリー放った池田翔吾(常総学院)は指揮官も絶賛の打棒の持ち主!

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商