試合レポート

【仙台六大学】 仙台大12得点大勝!スイッチヒッター・平川蓮が左打席でリーグ戦初本塁打!

2024.05.04


リーグ戦初本塁打を放ち笑顔の仙台大・平川蓮

仙台大は宮城教育大に12対0で大勝し開幕5連勝。打線が10安打12得点と機能し、投げては渡邉 一生投手(3年=日本航空/BBCスカイホークス)、篠塚 太稀投手(4年=千葉黎明)、佐藤 幻瑛投手(2年=柏木農)の3投手で5回ノーノ―継投をやってのけた。

打線は初回、5番・田口 大智内野手(4年=田村)の適時打で1点を先制する。2回は4番・今野 悠貴内野手(1年=東陵)の2点適時二塁打などで4点、3回は2番・平川 蓮内野手(3年=札幌国際情報)の2点本塁打などでまたしても4点を加え、早々に試合を決めた。

平川はこの日、右翼席へ運んだ一発がリーグ戦初本塁打に。同時にチームの今春初本塁打でもあった。本人は「もう少し完璧な当たりがよかったです」と苦笑いを浮かべつつ、「最近は『強く振る』ことを課題にして打席に立っている。それを生かして長打が出て、チームも勝って嬉しいです」と手応えを口にした。

元々は左打者だが、昨秋からスイッチヒッターに転向。転向直後の新人戦で早速右打席に入って複数安打をマークすると、今春も左右両打席で安打を重ねてきた。左投手と対戦する際は、必ず右打席に入るわけではなく投手のタイプによって入る打席を変えている。今回は宮城教育大の2番手左腕・山田 悠太郎投手(1年=東北学院)のタイプを見極めた上で「左対左」での勝負を選択し、本塁打を放った。

スイッチヒッターに転向してから左右両方の打撃練習をしているため、練習量は「2倍くらい」に増えた。授業後の全体練習はもちろん、自主練習も夕食を挟んで午後10時頃まで行い、地道に打撃を磨いている。

今春の仙台大は今野、新保 玖和内野手(1年=霞ヶ浦)、齋藤 陽外野手(1年=仙台育英)ら1年生野手の活躍が目立つが、平川は「1年生がグイグイ来ている。自分も負けじと頑張ります」と闘志を燃やす。試行錯誤を重ねてたどり着いた勝負の3年目。右打席でも左打席でも結果を残し、飛躍の1年にしてみせる。

(取材=川浪康太郎)

<関連記事>
【仙台六大学】東北福祉大開幕5連勝!正捕手・佐藤琉河が先制打&好リード「僕の仕事はチームを勝たせること」

この記事の執筆者: 川浪 康太郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.25

【関東】白鷗大足利が初、逆転サヨナラの常総学院は15年ぶり決勝<春季地区大会>

2024.05.25

【熊本】九州学院、熊本工が決勝へ<NHK旗>

2024.05.25

【宮城】仙台育英が2発で快勝、仙台城南が初の決勝進出で東北大会へ<春季県大会>

2024.05.25

【島根】開星、立正大淞南、大社、飯南などが各地区で4強入り<各地区大会>

2024.05.25

【長崎】鎮西学院と大村工が敗者復活から勝ち上がって本大会へ<NHK杯地区予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商