News

四国IL・徳島インディゴソックスの投手陣は今年もスゴい!ドラフト候補・工藤泰成は自己最速153キロ!川口冬弥は7試合で防御率「0.00」!早くも150キロ超え連発で存在感見せる!

2024.05.02


最速153キロ右腕・工藤 泰成投手(明桜-東京国際大)

四国アイランドリーグplus・徳島ISは5月3日にむつみスタジアムで行われる香川OGとの公式戦で「徳島県民応援デー」を開催。徳島県在住の観客は全員無料となるこの試合で、多くの地元ファンの声援を背に勝利を目指す。
13試合を終えて9勝3敗1分と首位をひた走る徳島は、投手陣が早くも150キロ超えを連発。12年連続ドラフト指名を目指す「育成最強球団」で、NPBを夢見る選手たちの躍動が止まらない。

東京国際大から入団した工藤 泰成投手(明桜-東京国際大)は、公式戦デビューとなった4月13日の高知FD戦で1回2奪三振の好投。その後も、4月23日の香川OG戦で自己最速タイとなる153キロのストレートを投じ、5回4奪三振と持ち味を発揮した。岡本 哲司監督も、「先発を経験することで、短いイニングで投げても能力が出せる」と適性を見極めながらの起用で、工藤の成長を促している。大学時代からドラフト候補として注目された右腕だけに、今後の投球にも注目が集まる。

同じく新加入の川口 冬弥投手(東海大菅生-城西国際大-ハナマウイ)も4月23日の香川OG戦で150キロを計測した。187センチ86キロの恵まれた体格を活かし、最速153キロの直球とキレのあるフォークで相手打者を圧倒。ここまで7試合で失点を許しておらず、被安打2で防御率は無傷の「0.00」。圧巻の投球でこちらもアピールが続いている。
最速148キロ右腕の中込 陽翔投手(山梨学院-山梨学院大)もチームトップタイの9試合に登板して防御率1.38と結果を残している。徳島加入後にサイドへとフォームを変え、奪三振もチームトップの20個を記録。球速以上の威力を感じさせる投球は、巨人の大勢投手(西脇工-関西国際大)や近藤 大亮投手(浪速-大阪商業大-パナソニック)を彷彿とさせる。

その他にも白川 恵翔投手(池田)が防御率1.50でリーグトップタイの3勝あげる活躍。5年目を迎えた「徳島のエース」は開幕戦で151キロを計測し、NPBスカウト6球団が見守る中で快投を見せていた。開幕戦後の取材では、「今までタイトルを取ったことが無いので、今年は奪三振、防御率、勝利のタイトルを狙いたい」と意気込んでいる。新加入の選手たちに負けじと、結果で投手陣を牽引する活躍に今後も期待だ。

地元のファンが多く集まるイベントで勝利を届けることが出来るのか。好投が続く投手陣から目が離せない。

〈関連記事はこちら〉
◇11年連続ドラフト指名の徳島インディゴソックスに今年の目玉へ!154キロ右腕・白川恵翔が6球団スカウトを前に開幕戦で見せた!
◇【緊急企画】“ドラフトの鬼”徳島インディゴソックス「超育成球団の謎」に迫る!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?