試合レポート

優勝候補・佛教大が逆転勝ちで開幕5連勝【京滋大学野球】

2024.04.20


5回裏に勝ち越しの適時打を放った小谷慈温(佛教大)

<京滋大学野球連盟春季リーグ戦:京都先端科学大4-5佛教大>◇19日◇第4節1回戦◇甲賀市民スタジアム

連覇を狙う佛教大が逆転勝ちで開幕5連勝を飾った。

佛教大の先発・田中 航大(4年・近江)は1回表にいきなり連打で先制を許すと、その後も連続四球で一死満塁とピンチが続く。ここで國友健一監督がマウンドに行って間を取ると、そこから連続三振。最少失点で立ち上がりを凌いだ。

打線は京都先端科学大の先発・山内 翔夢(4年=長浜北)の前に沈黙。丁寧にコースを突く投球に苦しめられ、4回まで一人も走者を出すことができない。

それでも5回裏に4番の岡野 翔海(4年=神戸国際大附)が四球を選んで初出塁を果たすと、二死二塁から7番・喜多 智也(4年=奈良大附)がレフトへエンタイトル二塁打を放ち、同点に追いつく。

さらに続く8番・小谷 慈温(3年=花園)が低めのチェンジアップを捉える中前適時打で勝ち越しに成功。「同点に追いついて勝ち越したいところだったので、一本出て良かったです」と振り返った。

これで勢いに乗った佛教大は6回裏にも3番・七條 太一(4年=文徳)と岡野の適時打で2点を追加。7回裏には小谷の二塁打からチャンスを作り、二死三塁から1番・木原 黎明(4年=大垣日大)の適時二塁打で1点を加えた。

守っては先発の田中航が6回1失点と好投。8回以降は相手の反撃に遭ったが、辛くも1点差で逃げ切った。

佛教大はここまで唯一勝ち点を落としておらず、全勝で首位をひた走っている。京滋大学野球連盟の盟主がこのまま独走態勢を築くだろうか。

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?