試合レポート

びわこ成蹊スポーツ大が5連勝!エースの緊急登板を乗り越え、153キロ右腕が2回無失点の好投【京滋大学野球】

2024.04.20


新川朝耶(びわこ成蹊スポーツ大)

<京滋大学野球連盟春季リーグ戦:大谷大3-8びわこ成蹊スポーツ大>◇19日◇第4節1回戦◇甲賀市民スタジアム

びわこ成蹊スポーツ大が逆転勝ちで5連勝を果たした。

試合は1回表、一死二塁から3番・河内 丈(4年=京都工学院)がライトに2ラン本塁打を放って、大谷大が先制点を挙げる。その際にびわこ成蹊スポーツ大の先発・中井 将太郎(4年=京都成章)が右肩に違和感を訴えて降板。リーグ戦初登板となる岡田 飛勇馬(3年=近江)が急遽マウンドに上がった。

緊急登板となった岡田は毎回のように走者を背負いながらも粘り強い投球で3回まで無失点に凌ぐ。4回からは実績のある植松 徳馬(4年=京都成章)に継投。代わり端に1点を追加されたが、それ以上の失点は許さなかった。

打線は2点を追う5回裏に4番・管原 洸太(4年=高知中央)と6番・伊藤 兵梧郎(2年=近江兄弟社)の適時打で同点に追いつくと、6回裏には二死満塁のチャンスで前の打席で適時打を放っている管原に打順が回ってきた。

前の試合までは打率.150と苦戦していた管原。「今まで打っていなかったので、何とかチームを勝たせる一打を打てたら良いなと思って打席に入りました」と1ボール2ストライクからカーブを捉えると、追い風に乗ってライトの頭上を越える3点適時三塁打となり、勝ち越しに成功した。

びわこ成蹊スポーツ大は7回裏にも2点を追加。8回からは今秋のドラフト候補である最速153キロ右腕の新川 朝耶(4年=履正社)が2回を無失点に抑えて試合を締めた。

「ピッチャーが総動員で頑張ってくれました」と試合を振り返った山田秋親監督。エースの緊急事態を乗り越えて連勝を伸ばすことができた。

びわこ成蹊スポーツ大は開幕節の京都先端科学大戦で連敗したが、そこからは白星を積み重ねており、残りの試合を全勝すれば、初のリーグ優勝も見えてくる。「リーグが混沌としているような気がしますので、明日も勝って、(次節で対戦予定の)佛教大に勢いよく行きたいと思います」と指揮官は意気込んでいた。

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?