試合レポート

【仙台六大学春季リーグ】 仙台大が接戦を制し開幕戦白星!最速151キロ左腕・渡邉一生が9回途中14奪三振1失点快投

2024.04.14


9回途中14奪三振1失点と好投した仙台大・渡邉一生

<仙台六大学野球春季リーグ:仙台大2-1東北大>◇13日◇第1節1回戦◇東北福祉大

13日に開幕した仙台六大学野球春季リーグ戦。王座奪還、そして2年連続の全日本大学野球選手権出場を目指す仙台大は、東北大との接戦を制し白星スタートを切った。

1点を追う5回、1番・今野 悠貴内野手(1年=東陵)の中前適時打で同点とする。8回には代打・山村 貫太外野手(4年=甲府工)の安打を皮切りに敵失で1点を奪い、勝ち越した。開幕投手を任された最速151キロ左腕・渡邉 一生投手(3年=日本航空/BBCスカイホークス)は、9回途中3安打14奪三振1失点(自責0)と快投。最後は救援したサイド右腕・小野寺 唯人投手(4年=東北)が抑え、1点のリードを守った。

東北大は昨秋3勝、防御率2.28をマークした好右腕・佐藤 昴投手(3年=仙台一)がわずか92球で9回を投げ切り無四球、2失点(自責0)と大奮闘。打線は初回に先制するも、2回以降は本塁が遠く、エースを援護することができなかった。

仙台大の渡邉は1年秋以来のリーグ戦登板となった。昨年は肩や肘のケガが相次ぎ、公式戦登板なしに終わっていただけに、完全復活を印象づける投げっぷりだった。

初回は緊張から「体がこわばっていた」というが、2回以降は落ち着きを取り戻し、自慢の速球を連発。2、4、6回に三者連続三振を奪うなど相手打線を圧倒した。直球は終始140キロ台中盤から後半を維持し、最速150キロを5度計測。自己最速に迫る勢いながら、本人は「もう少し出したい。今季中にマックスを更新したい」と意欲を見せた。

この日は変化球も冴え、中でも決め球として使えるチェンジアップは打者を翻弄した。変化球を使い始めると崩れるパターンが多かった1年時を反省し、直球で押す投球スタイルから変化球を多投して速球を生かす投球スタイルへと変貌。「150キロが出る変化球ピッチャー」をテーマに掲げ、変化球を磨いてきた成果を、開幕戦で発揮した。

同じく以前は課題としていた制球力も向上した。「常に人に見られている意識」を持ち、今春卒業した川和田 悠太投手(現・三菱重工East)を参考に打撃投手を務める機会を増やすと、投球が安定するようになった。

強豪・日大藤沢から通信制高校に転校し、クラブチームを経て仙台大に入学した経歴を持つ渡邉。転校は「甲子園にこだわらなくてもプロ野球選手にはなれる」との考えから下した決断だった。ただ、大学で経験を積む中で心境の変化が現れた。渡邉は「高校の時は自分がプロにいけたらいいと考えていたけど、今はチームのために勝とうという気持ちが出てきた」と口にする。生まれ変わった左腕は今春、チームのために全力で腕を振る。

(取材=川浪康太郎)

<関連記事>
【仙台六大学春季リーグ】連覇狙う東北福祉大がコールド発進!昨秋”4冠“のプロ注目遊撃手・島袋皓平は2安打2打点
【一覧】仙台六大学野球部 新入生
【一覧】おもな大学野球部 24年度新入生
東北福祉大、仙台大の「2強」を打ち破るのは!? 仙台六大学’24年の展望

この記事の執筆者: 川浪 康太郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?