試合レポート

【近畿学生】履正社出身の左腕・島が3安打完封!連覇を狙う和歌山大が阪南大に先勝

2024.04.13


3安打完封勝利を飾った島 龍成(和歌山大)

4月12日に行われた和歌山大と阪南大の1回戦は、連覇を狙う和歌山大が5対0で先勝した。

この日はエース左腕の島 龍成(4年=履正社)が快投。「真っすぐがコントロールできていました。緩急を使って打たせて取る流れでバッティングに良い流れが行ったと思います」と巧みな投球術で阪南大打線を封じ込み、打線も5回までに5点を奪って援護した。

卒業後は社会人野球でのプレーを希望している島に対して、大原弘は「就職活動やぞ」と発破をかけていたという。それに応えるように島は「もうひと踏ん張り頑張ろうと思いました」と1番から始まる最終回の攻撃も三者凡退に打ち取り、チームに勝利をもたらした。

島は3安打無四球7奪三振で完封。擁した球数はわずか103球だった。

和歌山大では下級生から主戦投手として活躍している島に高校での主だった実績はない。同期には岩崎 峻典(東洋大)や内星龍(楽天)らがいたこともあり、なかなか出番に恵まれなかったからだ。独自大会として行われた最後の夏こそベンチ入りしていたが、それ以外の大会ではベンチに入ることすらできていない。

大学で野球を続けるか迷っていたそうだが、大原監督の誘いもあり、和歌山大で現役を続行。一昨年には同じく履正社で控えだった松田 遼太(4年)とバッテリーを組み、全日本大学野球選手権で東京ドームのマウンドに立った。

島の活躍は控えに甘んじている後輩の励みになるだろう。高校時代の自身と同じ境遇にいる選手に対して、「そこ(高校)で終わりじゃないことを伝えたい。どこで花開くかわからないので、諦めずにコツコツやることが大事だと伝えたいです」とメッセージを送ってくれた。

高校で日の目を見ることができなくても大学で輝くことはできる。島はそれを証明してくれている。

松田 遼太(和歌山大)

<関連記事>
【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く
【近畿学生】投手層が厚い神戸医療未来大が大阪観光大に先勝!今季初登板の4年生が完封!

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?