News

【春季東京都大会】錦城の左腕・宮地が2試合連続完封で都立片倉を下して4回戦進出

2024.04.08


錦城・宮地晴大

<春季東京都高校野球大会:錦城5-都立0片倉>◇7日◇3回戦◇駒澤

東京都に限らず、全国的な傾向として、今の高校野球の勢力構図としては、圧倒的に私立校が優位となっている。それは、学校の経営方針ということも含めて、選手獲得に関するさまざまな条件などにも差異があり、致し方のないことでもあるのかもしれない。そんな中で、東京都の場合でも都立校として厳しい条件の中で、どれだけ層を厚くして実績を上げていくのかということに取り組んでいる学校もいくつかある。八王子市の都立片倉もそんな1つである。

かつて都立の星とも言われた都立東大和を経て、都立府中工ではプロ野球選手を輩出してきた実績のある宮本 秀樹監督が指導している都立片倉は、何とか私学優勢の中で抵抗を示そうとしている存在の1つだ。

ここのゾーンは、東東京で健闘している都立校の1つでもある都立紅葉川が上がってくるのではないかと予想されていたが、それにストップをかけたのが錦城だった。私学ではあるものの、82メートル四方程度の正方形の校庭で、サッカー部や女子ソフトボール部などがひしめき合っているという状況で、錦城も野球部の活動環境としては必ずしも恵まれた環境とは言えないところではある。

郷野 康輔監督は、「ウチはスポーツ推薦もありませんし、本当に野球の好きで集まってきた子たちなので、野球を嫌いにさせないようにしていくことが監督の役割です。だから練習メニューも個人練習がメインです。練習中、監督はウロウロしていて、選手たちは困ったことがあったら聞きに来るというシステムです」と、日々の練習の内容を語っていた。

錦城は、ベンチも終始明るく、いいムードで戦い、まさに「好きな野球を楽しんでいる」という雰囲気だった。そんなムードの中、左腕・宮地投手が難敵の都立片倉を2安打完封して、三塁も踏ませないという快投を見せた。決してスピードがあるとか、球威があるというものではないが、「投球で打者と会話ができるタイプ」とでも言うか、投球センスの良さは郷野監督も太鼓判を押している。「相手は、力はあると思っていましたから、気持ちよく試合をさせないように心がけた」という投球でもあった。宮地投手としても、「投球としてはチェンジアップがよかった。空振りも取れて投げミスも少なかった」と分析していた。

錦城は、2回に2死一、二塁から1番・亀山 樟内野手(3年)の二塁打で2点を先取。さらに4回にも死球の走者をバントなどで進めて、亀山のバント安打に2番・小柳の左前適時打で追加点。なおも5回にも市川の安打と失策絡みでチャンスを作ると、スクイズと8番・紺谷の左越え二塁打で2点を加えて5点差とした。

2安打のみしか放てなかった都立片倉は、結局三塁へ走者を進めることもできなかった。ここまでの勝ち上がりとしては、いいスコアが続いていたが、その後になって感染症で体調を崩す選手が何人か出てきたこともチームとしては痛かった。先発した橋口投手が苦しくなったところで、次へつなぐ投手を用意しきれなかったという台所事情も痛かったようだ。

ベテラン宮本 秀樹監督は、今年のチームにはいい感触を得ていただけに落胆も大きかった。「どうしようもない、完敗でしたね。こうなったら、何もできないね。打てないんだもの…」と嘆いていた。それでも、守りでは、外野からの送球で2度までも本塁で刺したプレーに関しては、「あれは、よく練習してきたことだからね。それはよかったんだけれども…」と、練習の成果もあったことで、夏へ向けてのもう一度作り直していくことへの励みにしていこうという思いではあった。

<関連記事はこちら>
【トーナメント表】春季東京都大会 結果一覧
【一覧】一次予選を勝ち抜いた都大会出場48校
【トーナメント表】東京都1次予選 結果一覧
【一覧】東京都の主要大会スケジュール
25年ぶりの大転換期! 2024年東京の高校野球”3つの見どころ
【春季東京都大会】新星現る! 東京高・永見光太郎が二松学舎大附を3安打1失点に抑え込む! 二松学舎大附、夏はノーシードに

この記事の執筆者: 手束 仁

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?