試合レポート

【春季東京都大会】新星現る! 東京高・永見光太郎が二松学舎大附を3安打1失点に抑え込む! 二松学舎大附、夏はノーシードに

2024.04.07


永見 光太郎(東京)

<春季東京都高校野球大会:東京2-1二松学舎大附>◇6日◇3回戦◇JPアセットスタジアム江戸川

東京都の高校球界に新たな逸材が登場した。東京永見 光太郎投手(3年)だ。2日の1回戦で成立学園を2対0の完封で勝利すると、4日の2回戦でも、プロ注目の森井 翔太郎内野手(3年)を擁する桐朋を、またも2対0で破った。2試合連続完封だけでもすごいことだが、3回戦は中1日。しかも相手は強打の二松学舎大附。いかに好投手でも、今度ばかりは状況が悪すぎる。

永見も「少し疲れはありました」と言うが、1回の二松学舎大附の攻撃を、奪三振2の三者凡退に抑える。2回はこの春から三塁手になっている全国レベルの強打者・片井 海斗内野手(3年)から始まったが、片井も三振に仕留め、この回も三者凡退に抑えると、スタンドがざわめきだした。

二松学舎大附の先発、身長163センチの左腕・関根 侑真投手(3年)も丁寧な投球で得点を与えない。両チームの守りも固く、速いテンポで試合が進む。0対0の均衡を破ったのは東京だった。5回、この回先頭の7番・山口 潤人内野手(2年)が二塁打を放つと、8番・関 諒也内野手(3年)の一ゴロで三塁に進み、9番・佐藤 陽飛外野手(3年)の中前安打で還り、下位打線で1点を先制した。

その裏、二松学舎大附は、やはりこの回先頭の5番・小枝 英心外野手(3年)が二塁打を放ち、6番・五十嵐 将斗内野手(3年)の中飛で三塁に進み、7番・永尾 愛蓮捕手(2年)の二ゴロで還り同点に追いつく。両校とも同じような形で得点を挙げ、均衡がさらに続くかと思われた。

ところが6回、東京は1死後、4番・森田 恭輔内野手(3年)、5番・星野 翔斗外野手(3年)の連続安打に、暴投で二、三塁に進み、6番・中村 悠佑の中犠飛で森田が還り、勝ち越した。東京は大物打ちの選手はいないものの、各選手が鋭い振りで安打を重ねる。

1点のリードを得て、東京の永見の投球はさらにテンポが良くなる。秋は133キロほどだった直球はこの春140キロを超え、カットボールやカーブが効果的に決まる。二松学舎大附は、6回以降は二塁に走者を進めることすらできず、9回最後の攻撃を迎える。

2番から始まる打順であったが、あっさり2死となり、4番の片井を迎える。片井もワンボールから2球目を打ち上げ二飛。東京が2対1で二松学舎大附を破る大金星を挙げた。試合時間は1時間40分。スコアボードに表示された安打数は東京が11で二松学舎大附が3。スコアは1点差だったが、走者を出して押し気味だったのは東京だった。

好投の永見は、秋季都大会では肩の調子が思わしくなく投げていない。それでも東京の松下 浩志監督は、「練習に対する姿勢が違いました。体づくり、走り込みをしっかりして、トレーニングを重ねてきました」と語る。この試合で効果があったカットボールは、この大会から使い始めたばかりだ。これから体ができてくれば、さらに球速が増すに違いない。二松学舎大附を破ったことでマークも厳しくなるだろうが、今後への期待が膨らむ力投であった。

敗れた二松学舎大附は昨年に続き、ノーシードで夏を迎えることになる。主将が五十嵐から長野 清弥内野手(3年)に代わり、片井が一塁手から三塁手にコンバートされ、2年生の大橋 零外野手(2年)を3番・左翼手に抜擢するなど、いくつかの変化があった。秋は準々決勝で日大二に敗れ、この春も3回戦で敗退となった。それでも、選手個々のレベルは高い。危機意識を持った二松学舎大附は、相手校にとっては脅威だ。この敗戦でまた1つ、ノーシードの強豪が誕生した。

<関連記事はこちら>
【トーナメント表】春季東京都大会 結果一覧
【一覧】一次予選を勝ち抜いた都大会出場48校
【トーナメント表】東京都1次予選 結果一覧
【一覧】東京都の主要大会スケジュール
25年ぶりの大転換期! 2024年東京の高校野球”3つの見どころ
【春季東京都大会】城西大城西が中村の先頭打者本塁打で先制し、4人の投手をつないで東京実を破る

この記事の執筆者: 大島 裕史

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.16

涙の甲子園デビューから大きくレベルアップ!前橋商の192センチの剛腕・清水大暉は、高速スプリットで群馬県大会19回1失点、22奪三振の快投!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.05.16

【2024年春季地区大会最新状況】全道大会は出場校決定、関東と東海は18日に開幕

2024.05.16

U-18代表候補・西尾海純(長崎日大)、甲子園で活躍する幼馴染にむき出しのライバル心「髙尾響には負けたくない」

2024.05.16

【秋田】秋田修英と秋田工が8強入り、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.13

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?