試合レポート

【春季鹿児島大会】鹿児島に151キロ右腕誕生!鹿児島実・井上が自己最速更新!完封で県大会制覇!

2024.04.07


鹿児島実・井上 剣也

<第154回九州高校野球大会鹿児島県予選:鹿児島実1-0鹿屋農>◇6日◇決勝◇鴨池市民

雨で1日順延し、会場が、プロ野球開催のため平和リース球場から鴨池市民球場に変更となった。雨の予報が出ていたため、開始時刻を午前10時から約10分早めて、午前9時49分から始まった。

鹿児島実の右腕・井上 剣也投手(3年)、鹿屋農の左腕・吉元 翔皇投手(3年)と、今大会屈指の左右両腕が、それぞれの持ち味を存分に発揮し、小雨が降り続く中で引き締まった好勝負を演じた。

スコアが動いたのは3回。鹿児島実は四球、内野安打で無死一、二塁とし、1番・満留 裕星(3年)の送りバントが三塁悪送球となり、二走・吉村 雅(3年)が先制のホームを踏んだ。

井上は最速151キロの直球を中心に、鹿屋農打線から三振や飛球アウトをテンポ良く奪い、得点の気配を与えない。一方、吉元も厳しいコースを丁寧に突いて、打たせてとる投球で鹿児島実打線に追加点を与えなかった。

鹿屋農は7回に3つ、8回に2つの四球を選び、終盤大きなヤマを作るが、適時打が出ない。9回も先頭の4番・吉元が左前打で出塁したが、井上が続く3人の打者を空振り三振に仕留めた。わずか3安打、12奪三振、149球の完封勝利で、鹿児島実が6季ぶりの頂点に立ち、57回目となる九州大会出場を勝ち取った。

「ピンチになるとギアが上がる。『俺の球を打てるものなら打ってみろ!』と強気になる」。

鹿児島実の主将・新改 幸士朗捕手(3年)はエース井上の成長をそう評する。小雨が降り続いた中での投手戦。鹿児島実はエース井上が成長ぶりを随所に発揮し、3年ぶりに春の頂点に立った。

9回の投球がその象徴だった。先頭打者に緩い変化球を左前打されてから「残りの打者は3者三振で打ち取るつもりだった」とスイッチが入った。

終盤、足元のぬかるみで踏ん張りが利かず、7、8回で5四球、9回も3回連続で先頭打者を出してしまった汚名返上を右腕に誓う。最も自信を持っているのは、この日最速151キロを記録した直球。球威は最後まで落ちず、3人の打者の締めくくりの球は149キロ、149キロ、144キロの直球で、いずれもバットが空を切り「有言実行」をやってのけた。

元々、球威や安定した制球力など潜在力は高かった上に「気持ちのふわつきが少なくなった」と宮下正一監督。以前はピンチになるとフォームが縮こまっていたが、どんな場面でも「フォームが崩れなくなった」と捕手・新改も感じている。

低反発バットが導入され、「大きな当たりが出にくくなった。これからこんな試合が増えると思う」と宮下監督。打球が飛ばなくなった分、投手力と守備力の強化が今まで以上に求められるのを痛感した今大会だった。
「初めて決勝戦を投げられたのが良い経験になった」と井上。昨年は県大会決勝も九州大会もチームとして経験していない。「経験を積めればこのチームは夏、面白くなる」と宮下監督。春の九州大会は経験を積む絶好の場となる。

<関連記事>
【トーナメント表】春季鹿児島大会 結果一覧
【トーナメント表】2023年秋季鹿児島大会 結果一覧
【一覧】全国各地区春季大会組み合わせ
【一覧】2024年 高校生ドラフト候補リスト
【一覧】U-18高校日本代表一次候補選手39人

 

この記事の執筆者: 政 純一郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.05.22

阪神・佐藤がフェンス直撃のタイムリー!昨日のHRに続き今日もバットで結果!再昇格へ連日アピール!

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?