News

部員13人の”無名校”から強豪大学正捕手へ! 侍J飛び級選出エースを支える越川海翔(関西大)の挑戦

2024.04.06


欧州選抜との強化試合で侍ジャパントップチームに選出された金丸 夢斗(4年=神港橘)を擁する関西大。関西学生リーグでベストナインを4度獲得した有馬 諒(ENEOS)が抜けた正捕手の穴を埋めようとしているのが越川 海翔(4年=串本古座)である。

「捕ってからの速さに自信がある」という二塁送球は最速で1.79秒。「良いスタートさえ切らせなければ、ある程度は刺してくれる」と金丸も信頼を置く強肩捕手だ。

その肩は3月17日に行われた慶應義塾大とのオープン戦で発揮された。2回以降は毎回走者を背負った先発の金丸だが、越川が盗塁を3度刺して盛り立てる。打撃でも4回裏の第2打席にレフト線へ二塁打を放ち、攻守でレギュラー定着に向けてアピールした。

有馬の後釜という重圧もあるが、「負けないように金丸を引っ張っていけるように頑張っていきたいと思います」と頼もしい。リーグ連覇に向けて越川の活躍が大きなカギを握るだろう。

大阪府堺市出身の越川は全国募集をしている和歌山県立串本古座高校出身。当時から関西大進学を考えており、指定校推薦がある同校に進学したという。

串本古座は部員数が少なく、2022年夏以降は連合チームでの公式戦出場が続いている。越川が2年生の時にも選手13人で春季大会を戦っていた。その中でもセンバツ8強の戦績を残したばかりの市立和歌山に2対5と善戦。投手を上手くリードして、強豪校を苦しめていた。

無名校出身で強豪大学の正捕手の座を掴もうとしている越川。少子化で部員不足に悩んでいる母校の知名度を上げる存在となりそうだ。

<関連記事はこちら>
【一覧】おもな大学野球部 24年度新入生
関西大学球界ドラフト候補11人! ドラ1競合必至の剛腕から”隠し玉”まで2024年も大豊作!
侍ジャパン・金丸(関西大)が慶大を5回無失点の好投も「調子は6~7割」【大学野球オープン戦】
強豪対決はENEOSがHonda熊本に快勝! 2人のルーキー有馬諒&松浦祐星が躍動!【社会人スポニチ大会】
【一覧】24年ドラフト候補 大学生リスト

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?