Column

高校日本代表一次候補に選出・石見颯真(愛工大名電)の打撃技術は秀逸!センバツでは報徳学園・今朝丸から2安打<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.04.04


石見 颯真(愛工大名電)

 今年の高校日本代表の一次候補に選出された石見 颯真内野手(愛工大名電)。1年生から甲子園を経験し、今年のセンバツで出場3度目となった左の好打者である。

2年秋までは50メートル5秒9の俊足を武器とするセンターだったが、秋が終わってからショートに転向。プロを見据えて、守れるポジションを増やす意味で取り組んでいるという。
センバツでのプレーを振り返っていきたい。

報徳学園戦では2つのゴロを裁いた。そつなくこなしていて、スローイングも強い。ただ石見本人は「全然まだまだです。上手いショートの方と比べると遅いですし、捕ることで精一杯。新基準バットだから、より前に突っ込もうとか、そういうのを考えられる余裕はないです」と語る。この冬場は捕球練習を何度も繰り返し、大会に間に合わせてきたという。

打撃では今朝丸 裕喜投手から2安打。昨秋の公式戦で打率.487を記録した秀逸なバットコントロールを発揮した。まず1本目は128キロのスライダーを右中間へ弾き返すシングルヒット。2本目は内外角に揺さぶられながらフルカウントで外角ストレートをレフトへ弾き返した。

構えを見ると、好打者の雰囲気がある。右足を少し開いて、オープンスタンスで投手を見据える。その見方が非常に良い。投手の球筋を見極めることができる。
すり足気味にタイミングをとって、インサイドアウト軌道でボールを捉える。愛工大名電はアプリを使ってスイング軌道のチェックをしているが、再現性の高いスイングで、高打率も残せる。当てるだけではなく、フォロスルーまでしっかりと振り切ったスイングができており、角度が付けば新基準バットでも本塁打が期待できるだろう。

打者としては東海地区を代表する逸材。さらに守備を極め、ドラフト候補として評価を高めることができるか注目だ。

石見颯真(いしみ・そうま)
右投げ左打ち
177センチ75キロ
草津シニア出身

1年夏の甲子園からスタメン出場
22年夏、23年夏、24年春と3度の甲子園出場

3度の甲子園での通算打撃成績は17打数5安打

<関連記事はこちら>
◆高校日本代表一次候補39人が発表!報徳学園の今朝丸、大阪桐蔭・平嶋の超高校右腕、健大高崎の超高校級捕手・箱山などが選出
◆【トーナメント表】センバツ大会 組み合わせ
◆【センバツ組み合わせ】大阪桐蔭・報徳学園・作新学院・愛工大名電が同ブロックで潰し合い!
◆センバツ出場23人の「高卒即プロ入り」が狙える逸材! 登場日、注目ポイントを徹底解説!
◆【センバツ出場32校紹介】大泉ら140キロ超え投手多数持つ愛工大名電が2回目の優勝を狙う
◆【センバツドラフト候補・注目野手編①】新基準バットも関係ない!ラマル、モイセエフなど大会を盛り上げる8人のスラッガーたち!

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?