試合レポート

初回8得点、先発全員安打の猛攻に元プロ監督も上機嫌!京都先端科学大が連勝で勝ち点!【京滋大学野球】

2024.04.03


井上幹太(主将・京都先端科学大)

<京滋大学野球連盟春季リーグ戦:京都先端科学大10-4びわこ成蹊スポーツ大>◇2日◇第1節2回戦◇わかさスタジアム京都

初回に集中打を見せた京都先端科学大が連勝で勝ち点を獲得した。

びわこ成蹊スポーツ大先発の植松 德馬(4年=京都成章)は昨秋にも対戦している投手。「真っすぐが強いのはわかっていたので、『振り負けないように』ということを今日の朝のバッティングから意識していました」(井上 幹太主将/4年=玉野光南)と万全の対策で臨んでいた。

1回裏に一死満塁のチャンスを作ると、5番・土生 大成(4年=天理)の左前適時打で1点を先制。さらに続く6番・小林 誠也(4年=岡山東商)も左前適時打を放ち、植松をマウンドから引きずり下した。

打線はその後もつながり、この回は7安打で8得点。序盤で試合を決定づけた。

2回以降は追加点を奪えず、3回、4回に2点ずつ返される嫌な展開となったが、5回裏に2番・井上のスクイズと相手のバッテリーミスで2点を追加。守っては6人の継投でびわこ成蹊スポーツ大の反撃を振り切った。

先発全員安打となる13安打10得点で勝利した京都先端科学大。「これ以上ないスタートなので、選手を褒めてやりたい」とかつて日本ハムと近鉄で活躍した中島輝士監督は上機嫌だった。

一昨年秋にリーグ優勝したが、昨秋は4位と低迷。課題だった打線を強化して、今季での再浮上を狙っている。次節で対戦するのは優勝候補の一角である花園大。「大事な一節になるので、しっかり調整していきたい」と指揮官は勝ち点奪取に燃えていた。

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.24

【関東】25日に準決勝、2戦6発の帝京の打棒が響き渡るか<春季地区大会>

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.05.23

強豪・敦賀気比の卒業生は、日本大、東京農業大などの強豪大、2名の内野手がプロへ進む

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】