試合レポート

【春季東京都大会】プロ注・古川遼(日本学園)が6回無失点も課題はスタミナ、日体荏原が辛勝で2回戦へ

2024.04.03


日体大荏原 完封した吉田 健汰(3年)

日本学園はプロ注目の最速143キロ右腕・古川 遼投手(3年)を軸に一次予選を勝ち抜いてきた。本戦で最初に対戦するのは、一昨年夏の東東京都大会で決勝に進出し、甲子園出場まであと一歩のところまで迫った日体大荏原。実力校を相手に古川がどのようなピッチングを見せるのか。夏に向けた力試しともいえる一戦は、 両チームともに投手陣が粘りを見せ、1対0と肉薄したゲームを日体大荏原が勝ち切った。

注目の古川は、初回からランナーを出しながらも、要所を締めて得点を与えないピッチング。身長190センチの高さから角度のあるストレートを投げ込むだけでなく、クイックを織り交ぜるなど打者との駆け引きも巧みにこなしながら5回まで無失点に抑えた。

しかし、夏に向けてスタミナの面で不安を残した。5回を終えた時点で既に「握力が無くなっていた」。高橋 裕輔監督と相談しながら6回のマウンドに上がり、「自分の持っている力を全部出したかった」と3者連続三振でしめたが、「9回まで投げたかった」と悔やんだ。制球力の面でも4四球とスタミナ以外にも課題を残したが、結果として6回無失点で切り抜けたことは好材料と言える。

高橋監督は、「相手打者の圧やプレッシャーで普段とは違った疲労があった」と分析。それでも対戦した日体大荏原の本橋 慶彦監督も、「やはりいいピッチャーだなと。なかなか点が取れない。取れるイメージがわかなかった」と称賛。3者連続三振にとった投球は実力を存分に発揮していただけに、安定して長いイニングを投げることができるかが、今後の成長のカギを握るだろう。

一方の日体大荏原は、エース・吉田 健汰投手(3年)が「変化球でストライクを取ることができた」と9回112球の力投で完封。打者としても終盤の8回に自らを助ける先制打を放ち「体が勝手に反応した」と笑みをこぼした。

本橋監督も、「粘り強さは課題にしていた。春も粘れずに打たれて負けてしまうことがあったが、今日はよく我慢してくれた」と振り返る。今後に向けても、「みんなで声を掛け合いながら、我慢して繋ぐ気持ちを持って頑張って欲しい」と語っていた。次戦は東村山西と対戦。この試合で得た成功体験を糧に、エース吉田を中心とした粘り強さで勝利を積み重ねていく。

 

〈関連記事はこちら〉

◇春季東京都大会の激戦区をチェック! 日大二・共栄学園・國學院久我山の潰し合い、日大三・早大学院・佼成学園が集結、二松学舎大附vs.桐朋・森井翔太郎の対決は?夏のシード をかけた序盤戦に注目!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.18

今年の埼玉はプロ注目左腕2人が牽引! WBC優勝戦士の弟にも注目!夏を盛り上げる17人の好投手たち【埼玉注目投手リスト】

2024.06.18

【佐賀】伊万里が優勝<西北部地区大会>

2024.06.18

昨夏甲子園出場の東海大星翔進路紹介!遊撃手は阪神、エースは専修大、主将はレギュラーとして大学選手権出場!

2024.06.18

花巻東が10年ぶり2度目優勝!好投続く弘前学院聖愛・吹田から劇的サヨナラ勝ちで決める!<春季東北地区大会>

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.13

圧倒的馬力! 鹿児島実の151キロ右腕・井上 剣也の実力を徹底分析!ライバル・神村学園を翻弄する投球術を身に付けられるか?<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.06.13

戦国千葉の組み合わせが決定!専大松戸のブロックに八千代松陰、市立柏ブロックに木更津総合、流通経済大柏と激戦ブロックが続出!【2024夏の甲子園】

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得