試合レポート

【春季東京都大会】プロ注・古川遼(日本学園)が6回無失点も課題はスタミナ、日体荏原が辛勝で2回戦へ

2024.04.03


日体大荏原 完封した吉田 健汰(3年)

日本学園はプロ注目の最速143キロ右腕・古川 遼投手(3年)を軸に一次予選を勝ち抜いてきた。本戦で最初に対戦するのは、一昨年夏の東東京都大会で決勝に進出し、甲子園出場まであと一歩のところまで迫った日体大荏原。実力校を相手に古川がどのようなピッチングを見せるのか。夏に向けた力試しともいえる一戦は、 両チームともに投手陣が粘りを見せ、1対0と肉薄したゲームを日体大荏原が勝ち切った。

注目の古川は、初回からランナーを出しながらも、要所を締めて得点を与えないピッチング。身長190センチの高さから角度のあるストレートを投げ込むだけでなく、クイックを織り交ぜるなど打者との駆け引きも巧みにこなしながら5回まで無失点に抑えた。

しかし、夏に向けてスタミナの面で不安を残した。5回を終えた時点で既に「握力が無くなっていた」。高橋 裕輔監督と相談しながら6回のマウンドに上がり、「自分の持っている力を全部出したかった」と3者連続三振でしめたが、「9回まで投げたかった」と悔やんだ。制球力の面でも4四球とスタミナ以外にも課題を残したが、結果として6回無失点で切り抜けたことは好材料と言える。

高橋監督は、「相手打者の圧やプレッシャーで普段とは違った疲労があった」と分析。それでも対戦した日体大荏原の本橋 慶彦監督も、「やはりいいピッチャーだなと。なかなか点が取れない。取れるイメージがわかなかった」と称賛。3者連続三振にとった投球は実力を存分に発揮していただけに、安定して長いイニングを投げることができるかが、今後の成長のカギを握るだろう。

一方の日体大荏原は、エース・吉田 健汰投手(3年)が「変化球でストライクを取ることができた」と9回112球の力投で完封。打者としても終盤の8回に自らを助ける先制打を放ち「体が勝手に反応した」と笑みをこぼした。

本橋監督も、「粘り強さは課題にしていた。春も粘れずに打たれて負けてしまうことがあったが、今日はよく我慢してくれた」と振り返る。今後に向けても、「みんなで声を掛け合いながら、我慢して繋ぐ気持ちを持って頑張って欲しい」と語っていた。次戦は東村山西と対戦。この試合で得た成功体験を糧に、エース吉田を中心とした粘り強さで勝利を積み重ねていく。

 

〈関連記事はこちら〉

◇春季東京都大会の激戦区をチェック! 日大二・共栄学園・國學院久我山の潰し合い、日大三・早大学院・佼成学園が集結、二松学舎大附vs.桐朋・森井翔太郎の対決は?夏のシード をかけた序盤戦に注目!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.16

専大松戸が一挙6失点許してヒヤリ プロ注目の大型遊撃手の逆転本塁打で4回戦進出【2024夏の甲子園】

2024.07.16

元日ハム・飯山ジュニアの好投で修徳快勝! 双子の弟はセンバツ4強捕手、兄は元大学日本代表【24年夏・東東京大会】

2024.07.16

愛媛で宇和・渡部がノーヒットノーラン達成!帝京五を破る【2024夏の甲子園】

2024.07.16

茨城では土浦日大、水戸商、水城のシード3校が初戦突破!【2024夏の甲子園】

2024.07.16

富山中部が8回コールド勝ち、高岡南-魚津工戦は継続試合【2024年夏の甲子園・富山】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」