試合レポート

1部初昇格の明治国際医療大の4番エースは大学中退とフリーターも経験。昨秋優勝の佛教大相手に好投!【京滋大学野球】

2024.04.02


明治国際医療大先発の杉本琉成

1日京滋大学野球の春季リーグが開幕。昨秋の入れ替え戦で勝利して、1部初昇格を果たした明治国際医療大は昨秋王者の佛教大に0対5の2安打完封負けとほろ苦い1部デビューとなった。

「打球が違いますよね。うちの場合は力不足。ミスが多かった」と試合を振り返った石田雅紹監督。早くも1部の洗礼を浴びた。

その中で大黒柱として期待されているのが4番投手の杉本琉成(2年=京都成章)。多彩な球種を操る右腕で、この日は自己最速を更新する143キロを計測した。打つ方でも4回表の第2打席でチーム初安打を記録。「自分がバッティングでもピッチングでもチームを引っ張っていかないといけないと思っているので、初ヒットが自分だったのは次につながると思います」と話した。

杉本は高校卒業後に天理大へ入学したが、2年の前期で中退。半年のフリーター生活を送った後、救急救命士になることを志して、明治国際医療大に入学した。

本来であれば、大学4年生の代。日本学生野球憲章の規定では4年を超えての登録は認められないため、天理大で1年半過ごした杉本がプレーできるのは来年の春までとなる。残りの1年半は学生コーチとしてチームを支える予定だ。

「大学生らしいというか、良い野球をしているなと思いました。僕らはまだ若いチームなので、見習うところが多いと思いました」と佛教大の強さを感じた杉本。緊張から硬くなっている選手も多かったようで、チーム全体としても思うようなパフォーマンスを発揮することができなかった。

2年前に準硬式から硬式に移ったばかりということもあり、メンバーの多くは下級生。まだまだ伸びしろがあるチームだ。二刀流としてチームを引っ張る杉本を中心にまずは1部定着と行きたいところだ。

勝利した佛教大はリーグ戦初先発の田中航大(4年=近江)が7回を投げて1安打、1四球、10奪三振で無失点の好投。140キロ前後のストレートにチェンジアップ、スプリットを駆使して、コースを丁寧に突く投球が光った。

近江時代はエースとして2020年夏の独自大会優勝に貢献。しかし、大学ではBチームにいることが多く、昨年までは目立った結果を残せていなかった。

飛躍のきっかけとなったのが、昨秋に行われた「あの夏を取り戻せ 全国元高校球児野球大会」。甲子園がコロナ禍で中止になった世代のために独自大会の優勝校などが参加して記念試合などを行うプロジェクトだ。そこで高校時代の同級生と再会して、周囲の期待を感じた田中は「ラスト1年やり切らないと」と奮起。腹をくくって冬以降の練習に取り組み、開幕投手の座を射止めた。

野球には今年限りでピリオドを打つ予定。「やっとリーグ戦でも投げることができているので、もっと上がっていきたいと思います」とさらなる活躍を誓った。

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.05.22

阪神・佐藤がフェンス直撃のタイムリー!昨日のHRに続き今日もバットで結果!再昇格へ連日アピール!

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?