News

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.25


高山 遼太郎(富士大)

熱戦が続く第96回選抜高校野球大会。初戦で完封勝利を収めた健大高崎(群馬)は26日、明豊(大分)との2回戦に臨む。

母校の躍進を願うOBが、東北の名門・富士大にいる。2017年のセンバツに出場し、高校通算47本塁打を放った左の強打者・高山 遼太郎内野手だ。高山の父は広島、西武で内野手としてプレーした健一氏(広島スカウト)。6歳下の弟・裕次郎は健大高崎の硬式野球部に所属する3年生で、兄弟ともに甲子園を経験した。

高校卒業後は社会人野球の強豪・Hondaで4年間プレー。昨年、「もう少し野球をしたい」「将来、高校の先生になって教える立場になりたい」という二つの目的のため、高校時代に指導を受けた沼田雄輝コーチのいる富士大に入学した。

規定により1年生だった昨年は公式戦に出場することができなかったが、全体練習には参加し打撃を中心に強化してきた。年下の先輩や同期に囲まれる環境の中、「早い段階からフランクに話せてやりやすかった」とすぐに溶け込み、チームメイトにアドバイスを送ることもあったという。

チームは全日本大学野球選手権と明治神宮大会で4強入り。高山は「昨年あれだけ勝ち進んだので、今年は自分たちも周りの方々もそれ以上を求めている。僕が試合に出ることでそれ以下になってしまったら、『僕のせい』と思われても仕方ない」と気を引き締め、「日本一になるため、何としてでも(チームを)勝たせられるようになりたい」と意気込む。

今年の富士大は麦谷 祐介外野手(4年=大崎中央)、佐々木 大輔内野手(4年=一関学院)らドラフト候補が多数並ぶ強力打線を形成する。高山は実績十分の“先輩”たちを「自分が入学した時からレベルの高かった子たちが、1年経ってさらにスケールアップしている」と高く評価している。そんな中、オープン戦では高山が主に3番に入って中軸を担っており、新打線はますます凄みを増した。

裕次郎は19日、学法石川(福島)とのセンバツ初戦に「3番・二塁」でスタメン出場し、第3打席で内野安打をマークした。

高山は19日が休養日だったため健大高崎の初戦を現地観戦し、裕次郎の打席も目に焼き付けた。「弟が頑張っている姿を見たら、『自分もまだまだ頑張らなきゃな』と思えた」。指導者を志す一方、「野球をやっているうちはプロを目指す」と闘志は消えない。その闘志に、より一層火がついた。

「(健大高崎は)先輩が指導者をしていて、弟もいるので、卒業した今も親近感の湧くチーム。日本一を目指して頑張ってもらいたい」。そうエールを送った高山は、きたる“大学野球デビュー”に向けバットを振り続ける。

(取材=川浪康太郎)

<関連記事>
【一覧】おもな大学野球部 24年度新入生
【一覧】社会人野球部新人一覧
2024年ドラフト戦線 大学生野手トップ3発表! この1年、彼らの描く成長曲線から目を離すな!
【東北地区社会人・大学野球対抗戦】社会人が4勝1敗1分! 東北福祉大が一矢報いる白星
【東北地区社会人・大学野球対抗戦】社会人4チームvs.大学6チームが激突! 初日は社会人投手陣が大学生を圧倒

この記事の執筆者: 川浪 康太郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.25

大阪桐蔭151キロ右腕に創志学園二枚看板の一角、高1時に145キロの怪腕……センバツ初戦未登板の逸材投手4人!

2024.03.25

【福岡】東福岡がコールド勝ち、九産大九産がサヨナラ勝ち<春季大会の結果>

2024.03.25

常総学院・小林が5安打9K完封劇、1点に泣いた日本航空石川は全力プレーで勇気

2024.03.25

立浪竜のキーマンが「オープン戦打撃三部門」すべてでベスト5入り! 3年連続最下位脱出へ向け視界良好!?

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.22

報徳学園が延長10回タイブレークで逆転サヨナラ勝ち、愛工大名電・伊東の粘投も報われず

2024.03.22

大阪桐蔭が快勝、西谷監督が甲子園68勝で歴代最多タイ、北海は13年ぶり春勝利ならず

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.26

ポニーリーグの球春告げる関東大会が開幕! HARTY氏の大熱唱で協会創立50周年が華々しくスタート! 「まさにプロ野球さながら」

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!