試合レポート

【春季愛知大会地区予選】享栄が5回に一挙8点を奪って、食い下がる愛知を粉砕

2024.03.22


享栄・山田陸

【トーナメント表】春季名古屋地区1次予選 結果一覧はこちら

<春季愛知県高校野球名古屋地区1次予選:享栄12-5愛知(7回コールド)>◇21日◇Iブロック代表決定戦◇享栄グラウンド

この春の名古屋地区ブロック予選では、享栄グラウンドのIブロックに愛知が入り、全12ブロックの中では、一番の注目ブロックになった。愛知は前日、日進西に11対1で勝利し、享栄菊里に何と24点も奪っての勝利だった。

グラウンドではかなり強い風が吹き抜けていたこともあったのか、新基準の低反発バットは関係ないと言わんばかりに、長打が飛び交った。愛知は7回の古森 星光内野手(3年)の本塁打を含めて4本の長打、享栄はパウエル キアヌ外野手(3年)の三塁打に山田 陸内野手(3年)の2本の二塁打など、8本の長打を放った。少し上がった打球は風に乗って野手の頭上を越えていったというケースが多かった。

先制したのは愛知だった。初回、ともに安打の走者が複数出たが、享栄は愛知の左腕・山本 一博投手に抑えられた。そして、その裏、愛知は先頭の服部 侑太外野手(2年)が二塁打で出ると、1死後、濱井と古森の連打で先制した。力のある享栄に対して愛知が先制したことで、試合としては面白くなるかなと思えた。

しかし、取られたらすぐに享栄も取り返す。2回に1死から仲谷 成真内野手(2年)が中越え二塁打すると、内野ゴロで三塁に進み、9番・杉本 純也捕手(3年)の中前打で同点となった。試合は振り出しに戻って、1対1のまま5回を迎えた。

この回、1番からの好打順だった享栄は、パウエルが右前打するとバントで進み、3番・永田 蒼空外野手(3年)の二塁打で享栄がリードする。そこから3連打と死球の後、9番・杉本の二塁打に、この回2度目の打席のパウエルの三塁打や、山田の二塁打も飛び出して、この回打者12人で大量8点を奪い、完全に主導権を握った。

その後も、3本の二塁打などで、6、7回に1点、2点を追加。6回からリリーフした右サイドの水ノ江 修人投手がやや制球に苦しみながらも、何とか7点差をキープする形で抑え切ってコールドゲームが成立した。

享栄の大藤監督は、「今年のチームは、打つときは突然打ち出すもんで、こういう感じの試合が多いんだわ」と苦笑していた。先発した187センチの長身左腕の小山 隼和投手(2年)に対する期待は高く「素材力としては、東松(快征投手=オリックス)以上かもしれない。まだ2年生だが、今からスカウトの人たちも大勢来てくれています」というほどの評価だ。

愛知の飛田 陵佑監督は、「いい形で先制できたんですけれどもね。ずっと、我慢するんだ、我慢だよと言ってきていたんですけれども、持ちこたえきれませんでした」と残念がった。それでも、「何とか、県大会に進出して、またそこで、戦えたらと思います」と次へ向けて切り替えていた。

愛知は、上位打線は思い切ったスイングを見せるなど、力強いという印象はあった。過去には甲子園出場の実績もある実力校である。県大会進出へ向けて、今後のチーム作りには、大いに期待はできるであろう。

【トーナメント表】春季名古屋地区1次予選 結果一覧はこちら

<関連記事>
◆中京大中京の193センチの剛腕、プロ注目投手擁する豊橋中央などセンバツ未出場の愛知の逸材たち【注目選手一覧】
◆春季愛知大会 5つの地区予選を占う 全国屈指の激戦県、複雑な予選システムにも注目!
◆【高校野球勢力地図・愛知編】躍進著しい豊川、豊橋中央の「東三河勢」vs.私学四強の「名古屋勢」!
◆【トーナメント表】春季西三河地区1次予選 結果一覧
◆【トーナメント表】春季尾張地区予選 結果一覧

この記事の執筆者: 手束 仁

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】