試合レポート

目白研心がコールド発進!チームの一体感大事に勝利を積み重ねる!【春季東京都高校野球大会1次予選】

2024.03.17


目白研心 先発の寺山 幸成投手(3年)

3月16日から春季東京都大会一次予選が行われ、第2ブロック第2試合で目白研心都立三田が対戦。目白研心が5回までに10点差以上をつけたため、11―0でコールド勝ちとなった。

目白研心は、夏の東東京都大会で2年連続4回戦進出の実績を持つ。昨夏は関東一に敗れるも、「強豪校との対戦を経験できた。”もう一度、強豪校と対戦できるところまで勝ち上がりたいという”モチベーションになった。選手たちにとってもいい刺激になったと思う」と、鈴木 淳史監督が口にしたように、熾烈な予選を勝ち上がれるチーム作りを目指してきた。

昨年の秋季大会は初戦で敗れ、リベンジに燃えるこの試合。序盤は均衡した試合展開も打線が3回に都立三田先発の平野 慎一投手(3年)を捉えて4点を先制。続く4回には一挙7点を追加し、初戦をコールド発進で決めた。先発を任された寺山 幸成投手(3年)はランナーを出しながらも4回を投げ無失点に抑えるピッチング。「冬はウエイトトレーニングに時間をかけ、肩回りを強化してきた。実際に去年と比べてストレートが力強くなっている」と好感触だ。公式戦に昨年からエースナンバーの1を背負った右腕に鈴木監督も、「修正能力に長けている投手なので安心してみていられる。去年の秋に比べてエースとしての自覚も芽生え、気持ちが球に乗っていた」と期待を寄せた。

この春に向け、「チームで一体感を持つため、全員が同じ練習に励んできた」と鈴木監督。「勝った時に全員が喜んで、負けた時に全員が悔しがるようなチームで戦っていけば結果に繋がる」と語った。今日の試合でも目白研心の選手はベンチ前のネットに張り付きながら大きな声を飛ばし、仲間を鼓舞していた。そうしたチームの一体感が勝利につながっているのだ。

敗れた都立三田は登録メンバー10人で戦ったが終盤に相手打線を止めることができなかった。限られた時間の中で練習に励むチームに平田 正樹監督は、「練習の成果を実践で活かしていくかが課題になる。夏に向けて練習試合などを多く組むなど、経験を積んでいきたい」と語った。

次戦は同ブロック第1試合に勝利した高輪と本戦出場をかけた一戦に挑む。勝利したチームは4月2日に都立立川と対戦する。

<関連記事はこちら>
◆【トーナメント表】春季東京大会 結果一覧
◆春季東京大会は一次予選から面白い! 帝京・國學院久我山・八王子が登場! 注目カードをチェック!
◆【春季東京】帝京が予選から二年連続優勝を狙う!『このままじゃ学舎にも関東一にも勝てない!』冬場の猛練習で基礎を徹底!
◆春季東京都大会の激戦区をチェック! 日大二・共栄学園・國學院久我山の潰し合い、日大三・早大学院・佼成学園が集結、二松学舎大附vs.桐朋・森井翔太郎の対決は?夏のシード をかけた序盤戦に注目!
◆【試合レポート】”部員9人”で戦い抜く!コールド負けも都立東が単独チームで再始動!【春季東京都高校野球大会1次予選】

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

1 Comment

  1. BLUE

    2024-03-19 at 2:26 PM

    1勝したことを「勝利を積み重ねる」と表現するのは間違いではないですか?

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】