News

オリックス 熾烈すぎる野手の競争!OP戦最多37選手起用でも首位! 最少球団は?

2024.03.16


紅林弘太郎※撮影:林龍也、関西大時代の野口智哉

昨年、パ・リーグで3連覇を達成したオリックスは、オープン戦首位を走っている。昨年、日本シリーズで敗れた阪神は9連敗の後、ようやく白星を挙げたが、オリックスは5連勝を収め、首位をガッチリキープしている。

15日のロッテ戦は7対6で打ち勝った。打線が14安打を放って7得点。なんと野手は20人も起用された。そのうち12人が安打を放ち、半分の6人は途中出場の選手だった。

オリックスは今、競争真っ只中にいる。1打席1打席が勝負のこの時期、出場した時に結果を残さないと生き残れない。しかし逆に、結果を残せば、確実に生き残れる。

「中嶋マジック」とでもいうのだろうか。今オープン戦では5日の中日戦で22人を起用した試合もあった。それも22人すべてに打席が与えられた。野手の出場については、計算して起用しているのだという。若手、ベテラン関係なく、今季の戦力を見定めるように、選手を大量に起用し、しっかり見極めようとしているように映る。

この姿勢は監督就任以来、ずっと変わってない。

少し気になったので、今年のオープン戦で起用した野手の人数を球団別に数えてみたら、やはり、最多はオリックスだった。

オリックス=37人(4人)
広島=28人(3人)
日本ハム=26人
DeNA=26人
中日=26人(3人)
ロッテ=25人
西武=25人(4人)
阪神=24人(1人)
巨人=23人
ヤクルト=23人(1人)
楽天=22人
ソフトバンク=21人(4人)
(カッコ内は育成選手)

オリックスの支配下選手でオープン戦に起用されていないのは、故障している内藤 鵬内野手(日本航空石川出身)と、ドラフト1位の横山 聖哉内野手(上田西出身)だけだ。その横山も、キャンプ中の紅白戦でちゃんと代打起用している。横山はそこで「プロ初打席初安打」をマーク。チャンスを無駄にしないオリックスの気質は、すでに備わっているようでもある。

オープン戦首位なのは勝率だけではない。打率も12球団で唯一3割を超えてトップにいる。競争意識が自然と高まった結果、ヒットが量産され、勝利にもつながっている。「中嶋マジック」は今年も健在なのか。

一番選手起用が少なかったのが、ソフトバンクだった。支配下選手では17人しか起用していない。小久保新監督のもと、優勝奪回が命題のチームだが、巨大戦力もあってか、なかなか新戦力の若手が出てこない。小久保監督も2軍監督時代から期待している若手はいるが、なかなか結果が出ていないのも現状。もう主力の最終調整時期だけに、ますます若手のチャンスもなくなっていく。

それにしても、オープン戦起用選手の人数は、オリックスだけが突出して多かった。その効果のほどは、シーズンに入れば答えが出る。

<関連記事はこちら>
◆【一覧】オリックス 春季キャンプメンバーA班(一軍)
◆1位宮城、2位紅林が開花!オリックス19年ドラフトはすでに成功?
◆宇田川、茶野、東に続くのは!? オリックスの育成選手事情
◆15年ドラフトから5人のWBC代表を輩出したオリックスのドラフト戦略、育成力が凄まじい
◆阪神、まさかのオープン戦5連敗…なんとも寂しい打撃陣

 

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.10

浅野翔吾がノーヒットで二軍落ち 巨人高卒ドライチ野手5人の成長曲線

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?