News

【センバツ出場校ランキング】チーム打率は豊川、健大高崎が4割超え、盗塁では山梨学院、中央学院が上位

2024.02.28


モイセエフ ニキータ(豊川)・箱山 遥人(健大高崎)・山田 将吉郎(山梨学院)

第96回選抜高校野球大会(センバツ)が、3月18日から阪神甲子園球場(兵庫・西宮市)で開催される。出場が決まった32校は、練習試合解禁日となる3月2日から実戦モードに入り、同8日の抽選を経て、本番へと向かう。今回のセンバツにまつわるさまざまなランキングを調べてみた。

今大会出場32校の公式戦だけのチーム打率をランキングにしてみた。(打率.350以上)

1位 豊川(愛知).404
2位 健大高崎(群馬).401
3位 愛工大名電(愛知).393
4位 関東一(東京).386
5位 神村学園(鹿児島).382
6位 宇治山田商(三重).373
7位 明豊(大分).371
8位 近江(滋賀).359
9位 阿南光(徳島).358
10位 東海大福岡(福岡).357
11位 広陵(広島).352
12位 京都国際(京都).351

堂々のトップに輝いたのは、10年ぶり2度目の出場となる豊川。昨年秋の公式戦17試合で、488打数197安打を放った。1試合平均では、11.59本を放っていることになる。

規定打席(試合数×3.1)に達している選手で、打率4割を超えているのは5選手。モイセエフ ニキータ外野手(2年)の.571を筆頭に、高橋 賢捕手(2年)が.441、中村 丈内野手(2年)が.443、林 優翔外野手(1年)が.444、山本 羚王外野手(2年)が.460をマーク。レベルの高い愛知県大会を含めた打率は、実力の高さを証明している。東海大会優勝チームの打力が、センバツでも猛威をふるいそうだ。

健大高崎もチーム打率4割を超えた。公式戦9試合で279打数112安打。1試合平均としては12.44本で、豊川を上回っている。4割打者は、箱山 遥人捕手(2年)、森山 竜之輔内野手(2年)、田中 陽翔内野手(2年)、斎藤 銀乃助外野手(2年)、横道 周悟外野手(2年)と、こちらも5人いる。

ちなみにワーストは.237の別海で、ワースト2位は田辺の.260。21世紀枠の2チームがどこまで打力を上げてくるかにも注目だ。

次のページ:チーム盗塁数TOP10

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.10

浅野翔吾がノーヒットで二軍落ち 巨人高卒ドライチ野手5人の成長曲線

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?