Column

伝統校・静岡 夏秋ともに初戦敗退も、法政大に完封勝利で春の逆襲へ!

2024.02.22


ノックをする静岡・池田監督と野手陣

春季静岡県大会の地区予選は3月20日に開幕する。ここ最近、県内を代表する伝統校・静岡が苦しんでいる。昨年は夏も秋も初戦負けに終わり、悔しい結果が続いている。

昨夏の大会前の練習を見ると、個々の能力は悪くはない。選手の動作、技術を見ると、楽しみな選手がいる。しかし強豪校を破るには、ワンランクレベルアップしなければ厳しい印象を受けた。夏の常葉橘戦では延長の末、惜敗。秋の地区予選でも常葉橘と再戦し、1対4で敗れている。

今年のチームのキーマンは中野 桜佑投手(2年)。昨夏の常葉橘戦では先発し、4失点完投負け。打者としても4打数2安打と孤軍奮闘の活躍だった。

投手としては130キロ台の直球をコントロールよく投げ分ける技巧派で、打者としての才能は高く、インパクトまで無駄のないレベルスイングで、ライナー性の打球を連発。打撃練習や実戦形式の打撃練習では常にミートができており、公式戦でもそのまま能力を発揮できる選手だった。

ただ、昨秋まで中野のように公式戦で活躍できる選手がいなかったこと。打線としてつながりが欠けるのも課題だった。

だがチーム作りはできており、昨年11月に行われた東京六大学の学校が出場する「オータムフレッシュリーグin静岡」で静岡は1,2年主体の法政大と対戦し、3対0で完封勝利を挙げた。この試合では130キロ後半の速球を投げ込む谷脇 健心投手(2年)が5回無失点の好投をみせ、9回には増田 煌太朗投手(1年)が無失点。140キロを超える速球を投げ込み、中学時代は県内の強豪校から誘われた存在で、昨年6月の段階でも、池田 新之介監督は「チームで一番速い投手」と評価していた。1年生のときは登板過多による故障をしないように、大事に起用されていた感じが強かったが、2年生になってからは登板機会も増えそうだ。

谷脇健心

打線では前チームから主軸を務める和田 琉汰内野手(2年)の成長に期待。昨夏の常葉橘戦では4打数0安打。打撃練習では振り幅が大きいスイングで、次々と長打を飛ばしていた右のスラッガーで、和田、中野の2人の主軸が勝負強さを発揮すれば、得点力が大きく増す。

ノーシードで臨むことになったこの春は、初戦で焼津中央と対戦。同ブロックにはシード校・駿河総合がいる。まず初戦に勝てば、代表決定戦で負けても、敗者復活戦がある。ただ、敗者復活戦も静清、シードの清流館清水桜が丘が集まったブロックの学校と対戦するため、県大会出場の道のりは険しいことは間違いない。

昨夏悔しい負けを味わった中野、和田などの2年生たちを中心に結束し、地区予選の壁を乗り越えていけば、東海大会出場も狙えるチームになるのではないか。昨秋から大きくパワーアップした姿を見せることを期待したい。

トレーニングの様子

<関連記事はこちら>
◆【一覧】春季静岡地区予選のトーナメント表
◆システム変更、強豪校がノーシードで激戦必至!静岡春季大会予選を占う!
◆【高校野球勢力地図・静岡編】

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】