News

根尾&吉田輝星、対外試合登板で明暗くっきり! ”今年が勝負”甲子園同級生ヒーローの現在地

2024.02.18


根尾 昴・吉田 輝星

2018年ドラフト1位投手2人が17日、今春キャンプ初の対外試合に登板し、明暗を分けた。

中日1位の根尾 昂投手(大阪桐蔭出身)は、DeNAとの練習試合で先発し、3回を無安打無失点に抑えた。三振は1個だけの打たせて取る投球で、走者を1人も出さない、パーフェクト投球。3回を投げて29球と、先発投手としては「満点」の内容だった。

投手専念2年目。4球団が競合する鳴り物入りで入団も打者として芽が出ず、今季は開幕ローテーション入りをかけてキャンプで汗を流している。ここまで打撃投手で調整した後、シート打撃で登板した時は、打者7人で1安打に抑えていた。スライダーを封印しての投球内容に。満足げに振り返っていた。

この日の練習試合では、今中臨時投手コーチから教わったというカーブも披露。投球の幅も広げて開幕ローテ入りへのアピールに成功した。

根尾が大阪桐蔭メンバーとして春夏連覇を成し遂げた夏の甲子園決勝で戦ったのは、金足農(秋田)の吉田 輝星投手だった。吉田は日本ハム1位で入団するも、こちらもなかなか芽が出ず、トレードでオリックスへ移籍し、今季の活躍を目指している。

その吉田も17日の練習試合(対日本新薬)で4番手として6回から登板。しかし2回を投げて2点を失った。

1イニング目は3人で仕留めるも、2イニング目で無死二塁から2ランを浴びた。カウント0-2と追い込むも、2-2からの内角直球を左翼芝生席へ運ばれた。やや高めだったとはいえ、勝負にいった内角球をジャストミートされた。全体的に球も高く、「即合格点」とはいかない内容だった。

根尾と吉田。2018年夏の甲子園を沸かせた2人が、苦しみながらプロ6年目を迎えて必死に生き残りをかけている。根尾はこのまま順当に開幕ローテーション入りを果たすことができるのか。一方、吉田は巻き返しを図り、リーグ4連覇を狙うチームの開幕1軍入りを果たすことができるのか。2人の次回登板に注目したい。

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>