News

侍ジャパン選出大学生4人組を「ハンカチ世代」の元プロが徹底分析! 「4人をプロのキャンプに派遣すべきだ!」

2024.02.17


左から西川史礁、宗山塁、金丸夢斗、中村優斗

2月14日、侍ジャパンは3月6、7日に開催される侍ジャパン日本代表vs欧州選抜の出場選手が発表され、4人の大学生が選ばれた。

金丸 夢斗投手(神港橘-関西大)
中村 優斗投手(諫早農-愛知工業大)
宗山 塁内野手(広陵-明治大)
西川 史礁外野手(龍谷大平安-青山学院大)

このサプライズ選出に、2012年から2014年までDeNAで投手としてプレーしていた冨田 康祐氏は「当時、僕が青山学院大に在籍していた当時からすれば、なかなか考えられないことですし、井端(弘和)監督が大学生をフル代表に呼んだ事はすごいことだなと思っています」と驚いている。

冨田氏はPL学園では前田健太投手(デトロイト・タイガース)と同期で、大学では東都一部の青山学院大でプレーした。
このいわゆる“ハンカチ世代”の大学トップレベルには、元日本ハムの斎藤佑樹氏(早稲田実業-早稲田大)、ロッテの澤村 拓一投手(佐野日大-中央大)、ソフトバンク・柳田 悠岐外野手(広島商-広島経済大)といった豪華な顔ぶれがそろっており、青山学院大の同期には元ロッテの小池翔大捕手(常総学院)、下水流 昂外野手(横浜)もいたが、彼らはフル代表に選ばれていない。

井端監督の4人の選出について、「大学球界のレベルも上がっていますし、アマチュア野球の今後の発展、いい目標になってくれたらいいかなと思っています。それと、今回選出した4人は、必ず今後の日本を背負って立つような選手になってくれると信じて呼びました」と会見で語っている。

この発言に冨田氏は驚いたという。
「ほかの大学生にとっても刺激になるでしょうね。『自分たちも続きたい』とフル代表を目指す選手たちもでてくるので、大学野球界にとっても良いことです。
井端さんが大学代表候補合宿に足を運んで、実際に見たうえで選んだ選手たちです。先程も話したように、トップチームの監督が直接、大学生を見て選出するのは僕たちの時代では考えられませんでした。
将来トップチームに入ってもらう。そこまで見据えての招集かもしれない。井端監督、侍ジャパンチームの広い視野に驚かされました」

元プロが見た飛び級4人組の評価は?

続いて選ばれた選手について冨田氏チェックをしてもらった。まず金丸、中村の2投手について。153キロ左腕・金丸を高く評価している。
「投球練習から良い雰囲気で投げているのを感じました。ストレート、変化球も腕を振って投げることができています。変化球を投げると打者はタイミングを外されて、凡退になっていました。
金丸投手は打者にタイミングを取らせない投球ができています。打者の反応を見ると、投げているストレートのほとんどがファウルになって差し込まれていますし、ストレートだけではなく、緩いカーブ、チェンジアップを投げている。スキがない投手ですよね」
プロでの活躍の可能性についても、「こうしたテクニックを秘めながら左で150キロ以上のストレートを投げられる。一軍で十分に活躍できると思います」と分析した。

中村についてもこう語る。
「やはりストレートのスピードですね。最速157キロを出した試合では、ほとんどが150キロ中盤のストレートを投げることができていました。純粋にストレートの速さが凄いのと、スライダーの使い分けが上手いですよね。また私が見た試合は走者を背負う場面がありましたが、動じずに落ち着いて投げる事ができたのも良いと思います」

プロや一軍での活躍する可能性については「もちろん中村投手も一軍で活躍できるポテンシャルはあります」と評価しつつも、こう注文をつけた。
「打者が中村投手の速度に対して、あまり苦にしていないのが気になりました。金丸投手は空振りが取れていて、打者がタイミングを取ることに苦労していました。しかし中村投手はストレートが前に飛んでいることが結構ありました。課題ではありますが、逆に伸びしろで、ストレートをより速く感じさせるような技術、駆け引きを覚えたら、もっと打たれにくい投手になると思います」

富田氏の青山学院大の後輩である西川についてもエールを送る。
「ものすごい良いスイングをしています。常に振り切っているのがとても良いです。過去の青山学院大出身のスラッガーである杉本裕太郎選手(オリックス)、吉田正尚選手(レッドソックス)のようなスケールの大きい選手になってほしいと思います」

また宗山についても、定評のある守備を手放しでほめる。
「映像などをみると、守備がものすごく安定していますね。動作が柔らかいですし、スローイングが安定していて凄い。投手からすれば安心する守備だなと思います」

冨田氏は、今回代表には選ばれなかったが、もうひとり注目する大学生がいる。
「その中でも目を惹いたのが大阪商業大の渡部(聖弥)選手です。彼も凄く良いスイングをしていました。今の大学生のレベルの高さを感じました」
渡部は関西六大学でリーグ通算7本塁打、89安打を記録しているスラッガーで、大学3年には宗山、西川とともに大学日本代表にも選ばれている。

 

金丸 夢斗(関西大)

宗山 塁(明治大)

次のページ:プロ春季キャンプへのアマチュア選手派遣を復活せよ!

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】