Column

中日・高橋宏斗 活躍を予感させた高2の冬! 衝撃的なストレートの破壊力に私は言葉を失った!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.6】

2024.02.11


中京大中京時代の高橋宏斗

高2オフの取材で見た、衝撃的な光景

中京大中京は当時から野球部ОBによる学生コーチがいましたが、高橋投手が学生コーチと積極的に議論する姿を見ました。アドバイスに耳を傾けても、自分がこれだと思ったものは曲げない信念があったようです。
高校時代の高橋投手の投球を見ていて気になったのは、踏み出す際に大きく前傾をするので、角度がなくなり直線的なフォームになるのが気になっていました。甘くなると長打が打たれることもあり、課題にも感じられました。本人にこの疑問をぶつけてみました。
「確かに課題ではあるのですが、自分にとって前傾する動きが最も力が伝わる動きが現在の投球フォームだと思っています。でも投球フォームについては自分の力を最大限に発揮できるフォームを模索中です」
この回答で、外から見ると、課題に見えるけど、周りに流されず、自分が良いと思ったことを貫く。その目的意識もはっきりと回答ができる。それでも今のフォームに満足せずに、試行錯誤する姿勢が見える。その点はアスリートらしく、プロ向きだなと思っていました。

再度中京大中京を訪問したのは、センバツ出場が決定した後の2020年1月下旬。ここで見せた高橋投手の投球練習は衝撃的でした。

オフ期間でも150キロをマークしていた速球は破壊力抜群。私が見た高校、大学、社会人のドラフト候補のブルペン投球の中でも、破壊力はピカイチでした。
高橋投手も「良い状態は続いています」と話していました。

当時の高橋投手は、甲子園ベスト4を2回経験した中森 俊介投手(明石商-ロッテ)に並ぶ評価を受けていましたが、進路はプロか兄・怜介さんが進んだ慶應義塾大進学かで揺れていました。
高橋投手は高卒プロを目指すなら、成し遂げたい目標がありました。
「自分も神宮大会優勝したことで、相手から意識されていると思うんです。甲子園では自分のピッチング、つまり圧倒的なピッチングをしたいです」
高校生NO.1右腕に相応しい結果を示してプロ入りしたい、と語った高橋投手。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、この年の甲子園はセンバツ、夏ともに中止となってしまいました。全国大会の中止により高橋投手は進学へ傾いていきました。

神宮大会で好投を見せた高橋宏斗

順調な成長は“探求心”の賜物

全国的に部活動も自粛となり、中京大中京野球部もその影響を受けました。高橋投手は自主練習に励み、活動再開となった夏には、さらに進化した姿を見せてくれました。
ストレートは常時140キロ後半〜150キロ前半を当たり前に出しており、140キロ中盤のツーシームで打者を翻弄しました。
愛知独自大会では圧倒的な投球で優勝に貢献。センバツ出場校が対象となった甲子園の交流戦では智辯学園を相手に延長10回を投げきり、11奪三振、3失点完投勝利。ボールの質だけではなく、打者を見下ろすような投球は格が違いました。

秋のドラフトシーズン。2020年のプロ志望届の締め切りは、10月12日でした。直前の10月6日、高橋投手のプロ志望届が出されます。慶應義塾大受験に落ちてしまったのです。12球団はすぐに動き、調査書を学校に送りました。
恩師の高橋 源一郎監督は当時をこう振り返ります。
「短い時間の中での高橋家の決断でした。プロの球団の方から高い評価をされていたのもプロ志望届を出した理由です。志望届を出した瞬間にどこの球団からも調査がありました」

ドラフトで地元の中日から1位指名を受けた高橋投手は、高卒2年目からローテーション入り。19試合に登板して6勝116.2回を投げ、134奪三振。昨年はWBC代表にも選ばれました。シーズンでは146回と規定投球回に達し7勝145奪三振を記録しています。自慢の速球も最速158キロまで伸び、目標とする160キロまで着実に近づいています。

ここまで順調に階段を登っているのは素質の大きさはもちろん、自分がこれだと思ったものにはとことん取り組む探究心の深さが活躍につながっていると思います。また中日球団の後押しも大きく、彼の価値観・理論を大事にして、意欲的に取り組ませているように感じます。
昨年1年間の経験をどう活かし、2024年では初の投手タイトルを挙げる活躍を見せることを期待しています。

高校時代の高橋 宏斗

*『主筆・河嶋宗一コラム グラカン!』は毎週日曜配信します。

〇関連記事
◆【インタビュー】センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか?
◆【インタビュー】小柄な2番ショートが高校1年までの4年間で146キロ右腕になるまで
◆【インタビュー】「自分の強みと弱み」を知っている剛腕・高橋宏斗 驕ることなく世代ナンバーワンピッチャーへ!【後編】

〇過去の連載記事
vol.1:オコエ瑠偉、高校時代のハングリー精神を取り戻せ!
vol.2:当時から高校生離れした守備をしていた土田龍空(中日)!理路整然とした守備理論に感銘
vol.3:レイズ移籍の上沢直之と専大松戸の恩師・持丸監督の絆!名将の一言がMLBの道へつながった!
vol.4:内山壮真(ヤクルト)、高校時代から「野球センスの高さ」「クレバーさ!」は別格だった!
vol.5:日本ハム・細川 凌平はセンスの塊だ! 智辯和歌山時代の驚くべき“裏話” 強烈なプロへの思い、高い思考力、圧巻のスピード!

 

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?