News

大学日本代表6人が社会人野球へ! ENEOS、パナソニック、JFE東日本など名門チーム入団!

2024.02.09


宮崎恭輔(慶応大)、熊田任洋(早稲田大)

昨年、ドラフト指名15人を輩出した大学日本代表。日米大学野球選手権でもアメリカに勝ち越して、優勝を果たし、評価が高かった。
今回、社会人に進む4年生の6人の進路も出揃った。

木村 仁投手(北九州-九州共立大)は日本新薬へ。140キロ後半の速球、鋭い落差のあるフォークのコンビネーションが魅力の大型右腕である。蒔田 稔投手(九州学院-明治大)はJFE東日本へ。4年秋では、防御率0.68、3勝0敗と最優秀防御率を残し、有終の美を飾った。制球力も非常に高い本格派右腕として1年目から活躍を期待される。

宮崎 恭輔捕手(國學院久我山-慶應大)はパナソニックへ。昨秋の神宮大会の環太平洋大戦では本塁打を放った。読みの鋭さが光る打撃と安定したスローイングが光る。有馬 諒捕手(近江-関西大)はENEOSへ。大学球界屈指のクレバー型捕手として評判だった有馬は社会人では打撃力を伸ばす。

熊田 任洋内野手(東邦-早稲田大)はトヨタ自動車へ。高校日本代表も経験し、東京六大学では通算77安打、8本塁打を記録した左の巧打者で、打撃技術は一級品。社会人では圧倒的な打撃成績を残したい。天井 一輝広島商-亜細亜大)はNTT西日本。バットコントロール、俊足は一級品で、プロ志望届を提出しなかったが、同じ左打ちの外野手である楽天6位の中島 大輔外野手(龍谷大平安-青山学院大)と能力的には負けていない選手だ。

この6人がドラフト指名解禁になるのは来年の25年ドラフト。大学時代よりさらに高い評価を受けて、プロ入りできる実力は持っている。

【関連記事】
【一覧】大学野球卒業生進路リスト
【一覧】社会人野球部新人一覧
大学日本代表一覧

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.27

【福岡】飯塚、鞍手、北筑などがベスト16入り<春季大会の結果>

2024.03.27

青森山田がミラクルサヨナラ劇で初8強、広陵・髙尾が力尽きる

2024.03.27

【神奈川】慶應義塾、横浜、星槎国際湘南、東海大相模などが勝利<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.27

日本大の新入生が逸材揃い!九州学院の本格派右腕、大垣日大の強打のセカンド、甲子園ベスト4の土浦日大のスラッガーに注目

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.22

報徳学園が延長10回タイブレークで逆転サヨナラ勝ち、愛工大名電・伊東の粘投も報われず

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】