News

もし佐々木朗希が1年間ローテーション守ったら? “ダルビッシュ日本最終年クラス”の無双状態再現か!?

2024.01.31


高校時代の佐々木朗希

12球団大トリの契約更改をして話題となったロッテ・佐々木 朗希投手(大船渡)がキャンプ地である石垣島に入った。
ポスティングによるMLB移籍を目指すのであれば、まずは1年間しっかりローテーションを守って、規定投球回数(143回)に達することが第一歩になるだろう。

では、佐々木がもし1年間ローテーションを守ったらどんな成績を残すのだろう?
2022年からローテーション入りしている佐々木の、この2年の成績を振り返ってみよう。
2022年 20試合 9勝4敗 129.1回 173奪三振 防御率2.02 奪三振率12.06
2023年 15試合 7勝4敗 91回 135奪三振 防御率1.78 奪三振率13.35
計  35試合 16勝8敗 220.1回 308奪三振 防御率1.92 奪三振率12.59
言うまでもなく、優秀な成績だ。
通常、プロ野球の一流投手の年間先発数は、23試合〜25試合。佐々木が怪我なくローテーションを守れば、ロッテが優勝する確率も高まってくるのは間違いない。
中でも佐々木の成績で最も魅力的なのは、奪三振率だ。アベレージで160キロ台の速球と鋭いフォークのコンビネーション。打者は打ちようがない。

次のページ:2011年ダルビッシュに近い!?/千賀の活躍は佐々木の追い風

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.03

【千葉】銚子商が1点差で初戦突破、東京学館浦安、佐倉も初戦を突破<春季大会予選>

2024.04.03

【春季東京都大会】錦城学園が食い下がる都立小平南を中盤に突き放して逃げ切る

2024.04.03

【春季東京都大会】都立小山台が春季初戦を14得点コールド発進! 2回戦で昨秋16強の桜美林と対戦へ!

2024.04.03

【春季東京都大会】プロ注・古川遼(日本学園)が6回無失点も課題はスタミナ、日体荏原が辛勝で2回戦へ

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.31

次世代のトレンドはトートバッグ? いまの野球界にマッチした時短バッグとは?

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード