Column

「甘い言葉をかけてます」 野球教室開催、丸刈り廃止、WEBでのPR……部員不足と闘う都立高野球部のいま

2024.01.31


都立江戸川ナイン(23年夏撮影)

40校が合同チームで参加した秋季都大会

著しく進んでいく少子化に伴って、高校野球の現場でも部員不足に悩む学校は少なくない。東京都の高校野球の現実を見てみると、昨年夏の東西東京大会では、東東京では17校が合同チームとなって6チームが参加し、西東京では14校5チームだった。合わせて31校が合同チームで参加せざるを得なかった。それでも、3学年揃っている夏の大会は、まだよかったといえたのかもしれない。

秋季大会になると、単独チームで出られていた都立東都立日本橋都立芦花都立桜修館都立富士都立中野工科都立練馬工科などは、3年生が抜けたことで9人に満たなくなり、これらの学校が合同チームとなった。こうして、秋は40校13チームが合同チームとして参加した。チームを組めず参加を見送らざるを得ない学校もあった。かえつ有明松蔭啓明学園などの私立校も合同チームとして参加していた。

「中学生の皆様へ」ホームページで“ボトムアップ野球”を呼びかけ

そんな現実の対策の1つとして、東京都高野連では未就学児から低学年の小学生を対象としてティーボール教室を開催できる学校を募った。野球経験のない子どもたちに、まずは野球体験をさせていこうという試みである。また、高学年の小学生に対しては野球教室なども開催していった。4年前から取り組みを始めようと計画していたが、新型コロナによって、実現できないでいたものを、コロナが5類に移行したことを受けて、12月から1月にかけて26会場で28校が参加して開催された。

現場の部員確保対策としては、1つのネックになっていたとも言われる丸刈りをやめるというところは多い。今年度から丸刈りを廃止したという都立紅葉川の髙橋勇士監督は、練習スタイルとしても、「生徒の主体的な活動を重視して、根性論よりも論理的な指導に重きを置いている」と言う。だから、「苦しいことを乗り越えるより、楽しむ雰囲気を大事にしている」ということだ。

また、都立紅葉川はじめ都立江戸川都立小岩都立篠崎の江戸川区4校で合同して、“江戸川ベースボールフェスタ”と称して、小学生を対象とした的当て、フライキャッチ、バッティングなど、野球にちなんだ遊びから野球普及活動を始めている。

就任当初から“セルフジャッジベースボール(SJB)”と称したノーサイン野球を推奨している都立江戸川の園山蔵人監督は、「ボトムアップでのチーム運営を前面に出してやっているので、怒られながらやらされるということがない」ということを強調している。一人ひとりが責任を持ったキャプテンなのだという姿勢を貫いている。そして、それを外部へも積極的に発信していくという意味で、野球部ホームページを充実させていくことも大事だという。「中学生の皆様へ」という形で、ボトムアップ式野球部をまずは見学しに来てほしいと呼び掛けている。

金本(都立紅葉川)

次のページ:
「春は単独チームで臨みたい」「実績を残せば注目される」「野球に限らず…「部活動」は曲がり角に来た」

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 手束 仁

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】