News

【高校野球ベストシーン’23・香川編】公立校の親子の夏、悲願は夢と消えたが、決勝の日は永遠に忘れることのない日に

2024.01.21


2024年が幕を開け、センバツの足音も聞こえはじめてきた。昨年、高校球界でもさまざまな印象的な出来事があったが、都道府県ごとにベストシーンを思い出してみよう。

香川大会決勝の3回。英明に0-6とリードを許した志度のマウンドにいた新鞍 護投手(3年)は、限界を感じていた。3回までに2本のアーチを浴びていた新鞍は、右人差し指のマメがつぶれ、監督に交代を直訴した。甲子園を決める大事な一戦。この夏の悲願達成にすべてをかけていた背番号1は、目前で力尽き、チームも5対13で敗れ準優勝に終わった。

夢があった。降板したエースは、新鞍 幸一監督の次男。「親子鷹」で挑んだ最後の夏だった。父は高松西(香川)で甲子園出場経験はあるが、初戦敗退。護の夢は甲子園で1勝することだった。

2年秋は香川大会準々決勝で高松商に7回コールド負けした。6回8奪三振も9失点の完敗だった。そこから這い上がる。3年春は決勝まで勝ち進み、丸亀城西に1点差惜敗。7回まで1失点の好投も8回に逆転を許した悔しい負け方にも、優勝まであと一歩のところまできた。自信を胸に最後の夏に挑んでいた。

5試合33.1回を投げ、イニング数を上回る35奪三振をマーク。これが新鞍の最後の夏の成績だ。準々決勝、準決勝と2戦連続して2ケタ奪三振を奪った。準決勝の藤井学園寒川戦の奪三振は13にも上った。優勝に向けてムードは最高潮だったが、準決勝までの3戦連続完投の疲れで、体は限界に達していた。決勝は3回をもたずに降板。この夏投じた601球目で、父に「限界」であることを告げた。

親子である一方で、監督と選手の関係。難しい距離感を保っての、高校野球生活だったが悔いはない。決勝では万全のコンディションで投げられないことは「阿吽の呼吸」で互いに分かっていた。しかし、護はマウンドに上がり、父は弱音をはかずにマウンドに上った次男が誇らしかった。決勝の日は、監督でもある父の誕生日。結果は残せなかったが、永遠に2人の心に刻まれた日になった。

志度・夏香川大会決勝のスタメン
(中)市場 琉宮(3年)
(二)瀬尾 常成(3年)
(右)大川 周真(3年)
(投)新鞍 護(3年)
(捕)瀬尾 麗希(3年)
(一)長谷 捷希(3年)
(左)池本 翼(3年)
(三)市ノ瀬 生光(2年)
(遊)山本 翔永(1年)

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.10

浅野翔吾がノーヒットで二軍落ち 巨人高卒ドライチ野手5人の成長曲線

2024.04.10

センバツ準V報徳学園を止めるのは? 神戸弘陵の152キロ右腕、逸材集団の東洋大姫路…春の兵庫を盛り上げる逸材たち!【注目選手リスト】

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?