News

【高校野球ベストシーン’23・愛媛編】爆発力と集中力を駆使した川之江、21年ぶりの甲子園はノーシードから決めた

2024.01.19


21年ぶり6回目となる愛媛の夏を制し歓喜の川之江 写真提供:フィールドスポーツ出版

2024年が幕を開け、センバツの足音も聞こえはじめてきた。昨年、高校球界でもさまざまな印象的な出来事があったが、都道府県ごとにベストシーンを思い出してみよう。

愛媛の23年夏の選手権は大混戦だった。8強に残ったシードが今治西だけと、強豪が次々と敗れるなか、公立校の川之江が21年ぶりの頂点を手にした。

1回戦 7-0 松山北 30打数8安打
2回戦 8-3 野村 36打数13安打
3回戦 13ー8 北条 40打数16安打
準々決勝 12-3 今治工 36打数15安打
準決勝 5-4 聖カタリナ 34打数9安打
決勝 5-4 今治西 34打数11安打

戦い方が実に派手だった。初戦で7対0の7回コールド勝ちを収めると、打線に勢いがつく。2回戦から準々決勝までの3試合、すべて2ケタ安打をマークして圧倒的に勝ち上がった。

逆に準決勝からは接戦を勝ち切る強さを見せた。準決勝では2点ビハインドの9回表に3点を奪って逆転。土壇場で試合をひっくり返した。決勝は9回に2点差を追いつかれて延長タイブレークへともつれ込んだが、10回裏に1点を奪ってサヨナラ勝ち。川之江快進撃のフィナーレは最高の歓喜に包まれた。

210打数、72安打、打率.342と、とにかく打ちまくった。2回戦は4回に6得点する集中力を見せた。3回戦は1回裏にいきなり5失点のスタートも、2回表にすぐに6点を奪って逆転するなど、3回戦以降の4試合は、すべて相手に先制を許しながらの勝利だった。打力に自信があったからこその結果だったといえる。

<川之江・夏甲子園初戦のスタメン>
(三)奥村 大翔(3年)
(中)平石 東志(3年)
(遊)真鍋 颯(3年)
(投)山内 太暉(3年)※神奈川大進学予定
(一)合田 慶太朗(3年)
(捕)鈴木 愛矢(3年)
(右)三好 翔斗(3年)
(二)近藤 大斗(3年)
(左)柴垣 豪(3年)

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.22

報徳学園が延長10回タイブレークで逆転サヨナラ勝ち、愛工大名電・伊東の粘投も報われず

2024.03.22

大阪桐蔭が快勝、西谷監督が甲子園68勝で歴代最多タイ、北海は13年ぶり春勝利ならず

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.22

【春季愛知大会地区予選】思い切ったスイングが功を奏し菊里が日進西に圧勝

2024.03.22

【春季愛知大会地区予選】享栄が5回に一挙8点を奪って、食い下がる愛知を粉砕

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.18

進学校対決は、「恐るべき9番打者」の活躍で青稜に軍配!【東京春季大会一次予選】

2024.03.17

大会屈指の強打者・モイセエフ・ニキータ独占インタビュー 「目標は世代No.1野手&高校日本代表、そしてプロ入り!」

2024.03.19

遂に適用される新基準バット 企画・開発担当者が込めた思い 「安心して使ってもらたい」

2024.03.18

白鷗大足利 プロ注・昆野に続く第2の投手は現れたのか?【練習試合】

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.26

ポニーリーグの球春告げる関東大会が開幕! HARTY氏の大熱唱で協会創立50周年が華々しくスタート! 「まさにプロ野球さながら」

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>