News

総額14億円超え!1軍キャンプへ前進した楽天・古謝樹、同じく背番号17を使う選手は超一流ばかり

2024.01.13


古謝樹(桐蔭横浜大)

1月も中旬に差し掛かり、各球団で新人合同自主トレが連日行われている。1軍行きの切符を掴む選手が現れるかが注目されるポイントになるが、楽天ではドラフト1位・古謝 樹投手(湘南学院出身)が1軍キャンプに前進したと報じられた。

まだ新人合同自主トレが始まって間もないこともあり、今後の状態次第ではある。首脳陣もまだ慎重な姿勢だが、ファンからすれば、ドラフト1位が順調に戦力になってくれれば、と淡い期待は膨らむものだ。その期待の大きさは、背番号が17番になった段階からでも見えてくるだろう。

他の球団で17番を使っているのは、そうそうたるメンバーだ。
千葉ロッテのエース・佐々木 朗希投手(大船渡出身)を筆頭に、ソフトバンクは有原 航平投手(広陵出身)も使っている。メジャーも経験した年俸5億円の超一流が背負っているのだ。

また日本ハムの開幕投手に抜擢された伊藤 大海投手(駒大苫小牧出身)や中日のエース・柳 裕也投手(横浜高出身)。ヤクルトの勝利の方程式の1人・清水 昇投手(帝京出身)、そして阪神・青柳 晃洋投手(川崎工科出身)も背番号17だ。

そして何といっても、大谷 翔平花巻東出身)がメジャーではずっと17番を使っている。縁起の良い番号であることは間違いない。これからも続く新人合同自主トレで、古謝がどんなアピールを見せるか注目したい。

<NPB12球団の背番号17と年俸>
阪神・青柳 晃洋:2億1000万
横浜DeNA・三嶋  一輝:1億2000万
広島・常広 羽也斗:1600万※
巨人・西舘 勇陽:1600万※
ヤクルト・清水 昇:1億3000万
中日・柳 裕也:1億4800万

オリックス・曽谷 龍平:1600万
千葉ロッテ・佐々木 朗希:8000万
ソフトバンク・有原 航平:5億
楽天・古謝 樹:1600万※
西武・松本 航:5800万
日本ハム・伊藤 大海:1億1000万
※=新人選手

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.16

【12球団4番打者成績一覧】開幕ダッシュに成功した4番はOPS1.1超のWBC戦士!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード