News

新鋭・松蔭大(神奈川リーグ二部)に東海大相模のレギュラーが加入!横浜隼人、横浜、武相、向上など神奈川の強豪校所属選手が続々入部!

2024.01.08


持丸 春聡(東海大相模)

神奈川大学野球連盟の二部リーグに所属する松蔭大の新入生が発表された。

同校は2009年に創部された新鋭校で、2013年に初の一部昇格。昨秋は二部リーグで2位となり、優勝した鶴見大と優勝争いを繰り広げた。

近年、松蔭大には神奈川の強豪校で活躍した選手たちが入部するようになっている。昨年の新入生では、甲子園経験者の鉾丸 蒼太内野手(横浜)、星槎国際湘南のエース・矢ヶ崎 亮太投手、横浜創学館の主力として活躍した伊達 気成外野手、直江 琉翔捕手の名前があった。すでに矢ヶ崎はリーグ戦で先発登板、鉾丸、直江はスタメン起用されるなど、チームを押し上げる活躍を見せている。

今年の注目は持丸 春聡内野手(東海大相模)だ。持丸は東海大に進学した松本 ジョセフ内野手と同じ戸塚シニア出身。松本は長打力が注目されていたが、持丸は堅実な守備力が持ち味で、二塁や外野も守れる高いユーティリティ性が持ち味の選手だ。東海大相模入学後は激しい競争でなかなか出られない時期が続いたが、3年生になってからスタメン出場の機会が増えて、最後の夏は2番ライトで出場。右、左に打ち分ける打撃が光り、重要な場面では小技もしっかりと決めて、ライトの守備でもコントロールの良い送球を見せた。

岡本 篤武外野手(横浜隼人)は、代打として強打を発揮していた左打者。菅原 一大捕手(武相)は高校時代、5番サードとして出場していたが、大学では捕手登録となっている。

横浜塩田 琥輝投手、露木 太陽外野手、向上吉永 塁都投手など神奈川の強豪校に所属していた選手たちが入部予定である。

<松蔭大 2024年度新入生>

【投手】
歌川 遵之佑星槎国際湘南
塩田 琉輝横浜
山上 太郎横浜創学館
夏目 正義横浜創学館
長嶋 颯太柏木学園
西林 一楓武相
吉永 塁都向上
大橋 慶也立花学園
大川 凌中越

【捕手】
菅原 一大武相
黒田 優太郎浜松学院

【内野手】
木原 佑太東京都市大塩尻
谷 和紀東海大高輪台
駒井 龍生横浜
通山 湊人関東一
前後 雅立花学園
持丸 春聡東海大相模

【外野手】
岡本 篤武横浜隼人
櫻井 秀磨東海大静岡翔洋
武田 紳作東海大静岡翔洋
武内 悠吾磐田東
露木 太陽横浜

《関連記事》
おもな大学野球部の2024年度新入生はこちら

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.31

【春季沖縄大会】与勝がベスト16へ、打撃好調の1番・仲新門 大惺が4打点をマーク

2024.03.30

健大高崎が逆転勝利で初の決勝進出、群馬県勢69年ぶりの快挙!星稜あと1歩に泣く

2024.03.30

【福岡】大牟田、九州国際大付、自由ケ丘、九産大九産が8強入り、31日は福岡大大濠-西日本短大附<春季大会の結果>

2024.03.30

【高知】明徳義塾が激戦を制して優勝<春季大会の結果>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.25

阿南光の吉岡が14K無四球完封で初の8強入りに導く、熊本国府の反撃実らず

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】