News

【高校野球ベストシーン’23・島根編】公立校・矢上、秋の快進撃! 元プロ監督と描く初聖地の夢

2024.01.06


2024年が幕を開けた。昨年も、高校球界ではさまざまな印象的な出来事があった。都道府県ごとにベストシーンを思い出してみよう。

島根県の公立校、矢上が秋季大会で準優勝を遂げた。準決勝までは接戦を制して勝ち進み、決勝では延長11回タイブレークの末に0対3で惜敗。優勝までほんのあと1歩の大健闘で、勝負強さを随所に見せた。

1回戦は安来に1対0。2回戦は明誠に6対1で勝利すると、3回戦の出雲農林には3対2と競り勝ち、準々決勝の飯南戦では0対3の中盤から逆転しての6対3で勝利。準決勝の大社戦では、0対2で迎えた9回表に一挙3点を奪う逆転劇を見せた。まさに粘り強い野球を披露して決勝の舞台に進んだ。

2019年秋以来の決勝進出だった。このとき、決勝で平田を破って初優勝。初めて県の頂点に立った。初戦敗退が多かった公立校をここまで引き上げたのは、2017年に就任した、元プロ選手の山本 翔監督。東筑(福岡)出身の捕手で、2001年に広島にドラフト5位で入団。1軍の経験はなく、2010年に引退した後、広島経済大の監督としてリーグ優勝も経験。その後、「広島安佐ボーイズ」の中学の部の監督も歴任し、矢上の監督に就任していた。

近年は県内で4強、8強などに勝ち進むことも多くなった。23年夏こそ2回戦敗退に終わったが、秋からの新チームでは準優勝を勝ち取り、中国大会にも出場した。初戦で広島新庄(広島)に7回コールドの1対13で敗れたが、4回までは1対0とリードする接戦を演じている。皆吉 赳翔投手(2年)を中心とした粘り強い野球。山本監督の指導の成果は、24年に花開くのか。

矢上・秋季中国大会初戦スタメン
(捕)花田 峻坪(1年)
(遊)岩野 拓空(1年)
(投)皆吉 赳翔(2年)
(三)原 道夢(1年)
(一)三ツ塚 海翔(2年)
(右)西川 泰亮(2年)
(左)柳井 良亮(2年)
(中)楫 響(1年)
(二)上田 侑士(1年)

 

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?