News

SNSを沸かせた早稲田大の“山の名探偵” 野球部にもいる名探偵は将来期待のサウスポー

2024.01.03


2024年に節目となる100回目の大会となった箱根駅伝。例年以上の出場23校が参加して、往路は青山学院大の優勝で終わった。復路の戦いも楽しみな中、往路を5位で終えたのが早稲田大。4校しか出場しなかった第1回大会に出場しており、今回は47年連続92回目の出場となっている。

そんな早稲田大でX(旧ツイッター)を中心に話題になったのが、5区を走った工藤慎作さん(1年)。区間6位の走りはもちろんだが、異名としてつけられた“山の名探偵”が話題になった。

人気推理マンガの主人公などから命名されたとのことだが、実は野球部の1年生にも同じマンガにゆかりがある選手がいる。
浦和学院出身の宮城 誇南投手。3年生のセンバツではベスト4進出に導くなど、名門・浦和学院のエースとして力投。早稲田大進学後は、春のフレッシュトーナメントで登板するなど、着実にステップアップしている。

そんな宮城、名前の由来は工藤さんと同じく、人気推理マンガからきているという。同じ大学の1年生同士ということだけでも、何かの縁だろう。

工藤さんは箱根で結果を出したが、宮城のリーグ戦デビューはこれから。2年生になった2024年は、神宮のマウンドに上がり、観客を沸かせるような快投を見せて欲しい。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.06

【茨城】竜ヶ崎一が取手二と初戦で対戦<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.06

髙尾響(広陵)の147キロ!新星・高橋(北照)が自己最速146キロをマーク!【高校日本代表一次候補 参加投手球速一覧】

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.06

【三重】白子名張、久居農林が県大会出場へ<春季大会地区予選の結果>

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?