News

2020年阪神ドラフトが早くも「伝説」レベル!MVP・新人王に3年連続20本塁打のスラッガーが誕生

2023.11.30


今シーズン、38年ぶりの日本一を達成した阪神。20年ドラフトで指名された選手たちの活躍が光ったシーズンだった。

まず野茂 英雄氏以来、33年ぶりの新人王、MVPを同時受賞した村上 頌樹投手(智辯学園-東洋大)はドラフト5位からのスタート。今季は10勝6敗、防御率1.75の活躍。現在の年俸は750万円、大幅昇給は確実で、今年一番のシンデレラボーイだろう。

上位指名の選手たちも活躍を見せている。佐藤 輝明(仁川学院ー近畿大)は、一時期、二軍落ちもありながらも3年連続20本塁打、そして今季は自己最多の92打点を記録した。

2位の伊藤 将司投手(横浜高ー国際武道大ーJR東日本)は3年間で二桁勝利で2回、通算29勝、防御率2点台とローテーションとしてしっかりと活躍を見せている。

6位の中野 拓夢内野手(日大山形ー東北福祉大ー三菱自動車岡崎)は3年連続でレギュラーとして出場し、今年はフル出場。164安打と最多安打を記録し、ここまで413試合出場し、通算448安打と、このまま行けば4年後には、通算1000安打が見えるペースで、大成功の道を歩んでいる。

8位の石井 大智投手(秋田高専ー高知ファイティングドッグス)は3年続けて一軍登板を果たし、今季は44試合で、19ホールド、防御率1.35と優勝に欠かせないブルペン陣の1人となった。

1人、レギュラーもしくは主力投手になるだけでもドラフトの成果は大きいが、5人がエース、主力打者、内野のレギュラー、MVP右腕、中継ぎの一角とそれぞれの役割でチームに貢献している。今回の村上のMVPで、2020年の阪神ドラフトは伝説級のものになった。

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.25

【関東】白鷗大足利が初、逆転サヨナラの常総学院は15年ぶり決勝<春季地区大会>

2024.05.25

【熊本】九州学院、熊本工が決勝へ<NHK旗>

2024.05.25

【宮城】仙台育英が2発で快勝、仙台城南が初の決勝進出で東北大会へ<春季県大会>

2024.05.25

【島根】開星、立正大淞南、大社、飯南などが各地区で4強入り<各地区大会>

2024.05.25

【長崎】鎮西学院と大村工が敗者復活から勝ち上がって本大会へ<NHK杯地区予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商