News

海部(徳島)に元日本代表監督が就任! 選手に伝えるのは「野球の原点」

2023.12.28


杉本泰彦監督

今年は監督の勇退が相次いだ1年だった。2月には日大三の小倉 全由監督が勇退を発表。さらに桜美林が1976年夏に全国制覇した時の当時主将であった片桐 幸宏監督も夏の大会後に監督を退いた。大垣日大の阪口 慶三監督も今年で勇退することも発表している。

その中で徳島県にある1つの公立校では、今年の4月から新体制になり新たな監督が就任したことで注目を浴びている。それが、海部(かいふ)高校。

海部は今年ソフトバンクから戦力外を受けDeNAに入団した森 唯斗投手の母校であり、1964年に徳島海南として、センバツに出場し優勝したことでもある高校である。

今年の4月から監督に就任したのが杉本 泰彦監督。日本通運、西部ガス、東洋大で監督を務め、2009年にはアジア野球選手権大会日本代表とIBAFワールドカップ日本代表監督の経験がある。

長年、アマチュア野球の現場にいた杉本監督は高校野球の指導者になることは念願の夢だったと語る。さらに選手に指導する時には社会人、大学野球でのコーチングについてノートに書き留めていたことを再活用して、選手たちに伝えている。

その中で特に杉本監督がポイントとして指導しているのが、「技術論はスマホの中に腐るほどありますので、私ができることは『野球というのはどのようなスポーツなのか』それを伝えています」と原点に立ち返らせている。選手たちも今まで知らなかったこと教わって「新鮮です」などの声があがるなど非常に興味が出る指導をしている。名将がどのようなチームを作っていくのか、来年の海部に注目だ。

杉本監督の指導をご覧になりたい方は、「高校野球ドットコムYouTubeへ

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>