News

【学校訪問】水戸工(茨城)、秋季10年ぶりベスト4でつかんだ自信

2023.12.08


水戸工・吉田 颯人

今年の秋季茨城大会で10年ぶりのベスト4に進出した水戸工。その躍進の裏側を主将の高村 逸輝捕手(2年)に聞いた。

秋季大会1次予選2回戦の水戸葵陵に0対7のコールド負けした水戸工。チームの雰囲気がこの試合の負けをきっかけに変わったという。
「1次予選の1回戦で鉾田一に15対5で勝ち、チーム全体的がその後の練習でも浮かれている感じはありました。しかし2回戦の水戸葵陵では全く歯が立たなかったので、あの敗戦から良い雰囲気で練習もできチームが変われた分岐点だと思います」

2次予選が始まると水戸工は1次予選とは異なり、粘り強さが光った試合が多くなった。2次予選の代表決定戦の水戸啓明戦では5対4と勝利。見事、秋季大会本戦へと駒を進むことになった。本戦2回戦の太田一では3対2、続く3回戦の藤代戦でも4対3、準々決勝では10対3と1次予選の敗戦からだと想像もできないほどの試合を繰り広げた。しかし、関東大会まであと1勝と迎えた準決勝鹿島学園戦で、1対8と敗れてしまい関東大会の切符は届かなかった。

「2次予選の水戸啓明戦と本戦の太田一戦、藤代戦で1点差ゲームをモノにしてきたので、この1点を守り抜けたというのはチームとして成長の現れだと思います。
後半の集中力を含めて選手たちの気持ちが団結したからこその結果なのかなと感じますし、守備にしても打撃にしても1次予選の敗戦をきっかけにここまで成長できたのは来年の春の大会に向けて非常に良い経験ができたと思います」(高村主将)

秋の快進撃で自信を深めた水戸工。一冬越えてどこまでの成長ができるのか。来年の春季大会に活躍に注目したい。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.19

【熊本】熊本国府は鎮西と対戦<RKK旗組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード