News

広陵・髙尾響、外角低めへ糸を引くような直球、「分かっていても打てない」魔球<2024年のヒーロー候補たち⑩>

2023.12.23


髙尾 響

高校生としては完成された投球だった。今年の秋季高校野球中国大会準々決勝で、広陵(広島)のエース・髙尾 響投手(2年)が、下関国際(山口)相手に、わずか3安打の完封劇を見せた。1年春から公式戦デビューを果たした将来性豊かな右腕が、手も足も出ないような投球スタイルを完成させ、今秋大きく成長した。

8回まで無四球、二塁すら踏ませなかった。右、左打者問わず、外角低めに糸を引くような直球がズバズバと決まった。伸びてホップしているのではないかと錯覚を起こすくらいにキレキレだった。最速は147キロというが、この日は130キロ後半から140キロ台前半。それでも相手打者を圧倒するに十分だった。

同じ腕の振りからのスプリットも、面白いように決まる。低めへしっかりと制球されて空振りを奪った。カットボール、スライダーに加え、110キロ前後の大きなカーブも交え、バットから快音を封じた。

1年春からマウンドを経験。今年の夏の投球を見た名将・中井監督も「高校2年の時の(広島の)野村よりも上」と高評価したほどだ。23年春夏と甲子園も経験し、センバツでは完投勝利も手にした。経験に裏打ちされた落ち着きとマウンドさばきに、ますます磨きがかけられている。

これからの課題を挙げるとするならば、内角攻めができるようになれるかどうか。完封した下関国際戦でも、打者の内角に来た球は、ほとんどが逆球。内角を狙った投球は結果的には真ん中付近に来ていた。これから、内角へ強めの直球が投げられるようになれば、投球の幅は広がり、外角の変化球も有効になる。伸びしろは大いにありそうだ。

チームの戦力としては全国トップを狙えるほど充実している。伝統校の背番号1を背負った髙尾が、優勝の瞬間、マウンドで右手を高く掲げている姿は容易に想像できる。

広陵・髙尾 響投手
【経歴】
172センチ、73キロ、右投げ右打ち
福岡県粕屋町出身。粕屋中央小では土井ジャガーズ、粕屋東中では飯塚ボーイズに所属。
【寸評】
上背こそないが最速147キロ右腕、針の穴を通すような制球力のある直球と多彩な変化球を操る。甲子園での経験も豊富な右腕
【実績】
1年春 中国大会で2試合に登板(先発1)計5回で2失点。
1年夏 広島大会では2試合(先発1)に登板し4回を3失点。
1年秋 広島大会では4試合の先発を含む5試合に登板。29回を投げ29奪三振をマークし防御率は1.86。明治神宮大会では3試合に登板して12回16奪三振で防御率0.75。
2年春 センバツでは3試合すべてに先発。防御率は1.78。海星(長崎)戦では2失点(自責0)完投勝利をマークした。中国大会では1完封を含め2試合で防御率は0.60。
2年夏 広島大会では5試合に登板。36回で46三振を奪い、失点は完投した決勝で喫した2失点のみで、防御率は0.50。甲子園では初戦で7回3失点(自責1)で勝利も、3回戦の慶應義塾(神奈川)相手に延長10回6失点(自責3)で完投負けを喫した。
2年秋 中国大会3試合に登板。24回を投げて27奪三振、防御率は1.50。明治神宮大会では初戦で星稜(北信越)に敗れた。

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!