News

「僕は高校日本代表に選ばれないと思います」大阪桐蔭から完投勝利をあげたプロ注目投手の”衝撃発言”、その背景にあったのは……!?

2024.06.24


大阪桐蔭に122球6安打9奪三振無四死球2失点完投勝利をあげた阿南光・吉岡 暖(3年)

6月8日に徳島県阿南市のJAアグリあなんスタジアムで開催された「徳島県高野連招待試合」。地元の期待を一身に背負った阿南光の「1」吉岡 暖投手(3年)は高校日本代表候補の名にふさわしい……。いやそれ以上の貫録を示した。

高校日本候補強化合宿で同じ釜の飯を食った大阪桐蔭の最速154キロ右腕・平嶋 桂知(3年)に投げ勝っての122球無四死球2失点完投もさることながら、直球主体の序盤から変化球主体に切り替えた3回以降毎回の9奪三振。改めて全国トップクラスのゲームメイク力を見せつけたのである。

ところが……。

「初球から力の違いを見せつけられました」

吉岡は、まるで負け投手のようにニコリともせず投球を振り返りはじめた。さらに深掘りしてみると、反省の理由は初回にあった。

「1番の境(亮陽外野手・3年)君に初球のストレートを右中間フェンス直撃の三塁打を打たれて、自分のレベルが解りました。確かに中盤からは変化球を多くして抑えられましたが、もっとストレートで抑えられないと。この対戦をいい経験として反省を次に活かさないといけないです」

ストレートの質に自信を得つつあるからこそのあくなき向上意欲。髙橋 徳監督はそんな吉岡の反省の根拠をこう話す。

「球速も先日の総体協賛ブロック大会で自己最速タイの146キロが出ました。ラプソード測定でも2200~2300回転・回転効率95%が出ています」

直球派へのモデルチェンジはまだ道半ばの半面、「1球1球が成長につながったと思う」と指揮官も語ったように、大阪桐蔭と対戦したからこそ得たものは大きかった。

大阪桐蔭と対戦して改めて、夏にもう一度甲子園に行きたい気持ちが強くなりました。2年前の高野連招待試合でも森山(暁生投手・中日22年3位)さんが天理(奈良)にここで投げ勝って、少しチームの雰囲気が緩んでしまったことで夏に初戦敗退した苦い思い出があるので、チームとしてももう一段階レベルアップしたいです」

もちろん、その先にあるのは高校日本代表入りかと思いきや、吉岡はあえてその想いを断ち切っていた。

「境くんは当然選ばれるでしょう。投手陣も高尾(響投手・3年=広陵)、今朝丸(裕喜投手・3年=報徳学園)くんも平嶋くんもいるので、僕は選ばれないと思います。まずは甲子園です」

そう、甲子園に戻ることができれば、その先のことは周囲が決めること。すでにプロ志望1本に絞った阿南光、いや「野球のまち阿南」の希望の光は、夏、さらに秋の歓喜をつかむため、「春夏連続甲子園出場」へまい進する。

<関連記事>
◇大阪桐蔭、敗れる! センバツ8強・阿南光の吉岡を攻略できず、エース平嶋は7回被安打10【徳島招待試合】

この記事の執筆者: 寺下 友徳

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.28

最下位、優勝、チーム崩壊……波乱万丈のプロ野球人生を送った阪神V戦士「野球指導者となって伝えたいこと」

2024.06.28

スコアラーが8ヵ月後エースに急成長! オリドラ2ルーキーを輩出した聖カタリナ学園(愛媛)に今年も190cm大型投手が現れる!

2024.06.28

ノーシードのダークホース本命?!翔凜がノーサインで大躍進を狙う!

2024.06.28

高知と明徳義塾の一騎打ち!29日に高知抽選会!【2024年夏の甲子園】

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.28

最下位、優勝、チーム崩壊……波乱万丈のプロ野球人生を送った阪神V戦士「野球指導者となって伝えたいこと」

2024.06.26

【北北海道】北見支部では春全道4強の遠軽が登場、クラーク記念国際と好勝負演じた力見せる【2024夏の甲子園】

2024.06.24

愛媛の組み合わせ決定!今春優勝の松山商・大西主将は「どのチームと闘っても自信をもってベストなゲームをしたい」シード4校主将が意気込み語る!

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.28

最下位、優勝、チーム崩壊……波乱万丈のプロ野球人生を送った阪神V戦士「野球指導者となって伝えたいこと」

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.06.26

【北北海道】北見支部では春全道4強の遠軽が登場、クラーク記念国際と好勝負演じた力見せる【2024夏の甲子園】

2024.06.24

愛媛の組み合わせ決定!今春優勝の松山商・大西主将は「どのチームと闘っても自信をもってベストなゲームをしたい」シード4校主将が意気込み語る!