News

【高校野球ベストシーン’23・栃木編】2度サヨナラアーチに泣いた悔しさを胸に、成長見せた作新学院ナイン

2023.12.19


2023年もあとわずか。ことしも高校球界ではさまざまな印象的な出来事があった。各都道府県ごとにベストシーンを思い出してみよう。

【選手権県大会決勝・文星芸大附vs.作新学院
まさにドラマだった。栃木県夏の選手権決勝、文星芸大附作新学院の決勝は互いに譲らない激戦となり、9回裏のサヨナラ本塁打で、文星芸大附が優勝。16年ぶり11回目の甲子園出場を決めた。

8回を終え、文星芸大附が5対1とリードしていた。作新学院が9回に猛攻撃を仕掛け、一気に4点を奪って土壇場に追いつく粘りを見せた。しかし、その裏、黒崎 翔太捕手(3年)が左翼越えへサヨナラアーチを放って、激戦にピリオドを打った。

悲劇の準優勝となった作新学院の粘りは見事だった。実は、前年の22年夏の栃木大会準決勝(対國學院栃木)でも、同様に9回に猛攻撃を見せている。0対3で迎えた9回に集中打を見せて一気に5得点。試合をひっくり返した。しかし、その裏に同点とされ、延長10回タイブレークの末、サヨナラアーチを打たれて敗戦。作新学院にとっては、歓喜に沸いた直後に悲劇にあう経験を、2年連続で味わったことになる。それも、2度とも、最後はサヨナラアーチだった。

伝統校の粘りは見ている人の胸を打つ。勝利には届かなかったが、名門の強さは健在だった。

作新学院の今年の秋からのチームは、栃木大会で優勝すると、関東大会でも快進撃を続け、圧倒的な力を見せつけて7年ぶりの優勝を果たしている。さらに、明治神宮大会でも北海(北海道)、関東一(東京)を破って決勝へ。星稜(北信越)には敗れて準優勝には終わったが、夏の悔しさを知る小川 哲平投手(2年)、岩出 純捕手(2年)のバッテリーを中心に、大きく成長を果たした。

来年春のセンバツでは、全国頂点を目指し、伝統校の粘りと強さを見せてくれるはずだ。

<全国高校野球選手権栃木大会:文星芸大附6-5作新学院>◇2023年7月25日◇決勝◇県総合運動公園

作新学院スタメン
(中)髙森 風我(3年)
(右)澤田 秀翔(3年)
(三)武藤 匠海(3年)※中央大進学予定
(一)齋藤 綾介(3年)
(中)磯 圭太(3年)
(二)宮本 隼希(3年)
(左)塙 綸ノ亮(3年)
(捕)岩出 純(2年)
(投)小川 哲平(2年)

文星芸大附スタメン
(遊)大塚 和央(3年)
(三)梅山 浩輝(3年)
(二)曽我 雄斗(3年)
(一)小林 優太(3年)
(捕)黒崎 翔太(3年)
(右)山田 匠(3年)
(左)江田 修(3年)
(中)篠崎 景琥(3年)
(投)澁谷 優希(3年)

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.27

【福岡】飯塚、鞍手、北筑などがベスト16入り<春季大会の結果>

2024.03.26

【センバツ】26日は天候不良のため2試合実施。27日は2回戦4試合実施

2024.03.26

【ボーイズリーグ】春の全国大会開幕! 福岡志免ボーイズはジャイアンツカップスタメン4人の経験値がウリ

2024.03.27

青森山田がミラクルサヨナラ劇で初8強、広陵・髙尾が力尽きる

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.22

報徳学園が延長10回タイブレークで逆転サヨナラ勝ち、愛工大名電・伊東の粘投も報われず

2024.03.22

大阪桐蔭が快勝、西谷監督が甲子園68勝で歴代最多タイ、北海は13年ぶり春勝利ならず

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.26

ポニーリーグの球春告げる関東大会が開幕! HARTY氏の大熱唱で協会創立50周年が華々しくスタート! 「まさにプロ野球さながら」

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.02.26

北陸の雄・金沢学院大学の新入生の経歴がすごい!U-18代表一次候補右腕、甲子園ベスト4の主将、甲子園ベスト8捕手などが入部!