News

【高校野球ベストシーン’23・静岡編】両チーム合わせて25安打の打撃戦、浜松開誠館が初優勝へ王手をかけた夏準決勝

2023.12.22


2023年もあとわずか。ことしも高校球界ではさまざまな印象的な出来事があった。都道府県ごとにベストシーンを思い出してみよう。

【選手権静岡県大会準決勝・浜松開誠館vs.藤枝明誠】
勝利への執念は、両チームを熱くさせ、ファンの記憶に残る激戦を生む。夏の静岡大会準決勝。勝てば甲子園に王手のかかる大一番で、浜松開誠館藤枝明誠が今年一番の試合を演じた。

浜松開誠館が4回までに5対0とリードする。本塁打1本を含む7安打で、勝利へまい進していた。藤枝明誠は5回まで4安打無得点。1番から5番まではノーヒットに抑えられていた。この展開が7回から大きく変わる。

7回に藤枝明誠が3安打と2四球をからめて3点を奪う。俄然、勢いがついた打線は8回にも4安打と四球をからめて3点を奪って、試合をひっくり返す。敗戦ムードから一転。1点を勝ち越し、決勝進出が見えてきた。

しかし、浜松開誠館も黙っていなかった。9回裏に先頭打者の死球を足がかりに連打で同点とすると、無死満塁から4番の新妻 恭介捕手(3年)が中前へサヨナラ打。藤枝明誠14安打、浜松開誠館11安打と、両チーム合わせて25安打が飛び出した壮絶な打撃戦は、浜松開誠館の劇的勝利で幕を閉じた。

これで打線に勢いが付いた浜松開誠館は、決勝で18安打12得点を奪って初優勝。春夏通じて初の甲子園を手にした。22年春季大会で静岡大会初優勝を収めると、春季東海大会でも初優勝。夏の甲子園出場も期待されながら、初戦敗退に終わった屈辱を1年後に晴らした形となった。

この試合に敗れた藤枝明誠は、22年の秋も浜松開誠館に3対4で敗れている。2度の惜敗に涙したが、今秋からの新チームでは静岡大会で決勝まで勝ち上がり、決勝で15対3の圧勝を収め、3年ぶり3度目の優勝を飾った。決勝の相手は、浜松開誠館。因縁の相手にリベンジを果たして見せた。東海大会では4強まで進み、来年のセンバツ出場へ望みをつないでいる。

あの激戦の勝者も敗者も、その後の快進撃の原動力となった。

<全国高校野球選手権静岡大会:浜松開誠館7-6藤枝明誠>◇2023年7月27日◇準決勝◇県営草薙

藤枝明誠スタメン
(右)小澤 匠(3年)
(中)原田 航太郎(3年)
(三)一瀬 友希(2年)
(一)寺下 颯真(3年)※中京大進学予定
(捕)皆川 晧也(2年)
(二)山田 竣斗(3年)
(左)高橋 洸大(3年)
(投)牧野 亮大(3年)
(遊)井手尾 哲兵(1年)

浜松開誠館スタメン
(中)深谷 哲平(3年)※立正大進学予定
(左)廣崎 蓮(3年)※専修大進学予定
(右)本多 駿(3年)
(捕)新妻 恭介(3年)※中央大進学予定
(一)加藤 蔵乃介(2年)
(遊)吉松 礼翔(3年)※龍谷大進学予定
(二)鈴木 爽愛(3年)
(投)松井 隆聖(2年)
(三)大迫 翔輔(2年)

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.24

東京国際大の新入生は、リーグ戦デビューの二松学舎大附の右腕、甲子園4強・神村学園捕手、仙台育英スラッガーら俊英ぞろい!

2024.04.24

【福島】田村、日大東北、只見、福島が初戦を突破<春季県大会支部予選>

2024.04.24

【佐賀】敬徳と有田工がNHK杯出場を決める<春季地区大会>

2024.04.24

【春季四国大会逸材紹介・香川編】高松商に「シン・浅野翔吾」が!尽誠学園は技巧派2年生右腕がチームの命運握る

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!