News

白山が2018年夏に見せた『下剋上』ぶり示す怒涛の勝ち上がり

2023.12.18


当時の写真

野球ファンを中心に、人気の作品として注目されているTBS系列(日曜・夜9時)ドラマ『下剋上球児』が、17日に最終回を迎えた。このドラマは2018年夏の白山高校(三重)の快進撃をモデルにしているが、実際に白山が当時みせた戦いぶりを振り返りたい。

白山は三重大会1回戦から登場すると、初戦・四日市南、2回戦・上野相手にはともに7回コールド勝ち。勢いこそ乗ったが、本当に凄かったのは3回戦からだった。

当時2年生だった岡林 勇希外野手(現中日)を擁した菰野と3回戦で対戦して、4対3で勝利。7回終わって0対1のビハインドだったが、終盤で追いついて、最終回には遂に逆転して8強入りを果たした。

続く準々決勝・にも4対3、そして三重の強豪・海星との準決勝は6対5で勝利。1点差勝負を制して決勝に勝ち上がると、松阪商との一戦では5回までで8対0と主導権を握り、悲願の甲子園出場を決めていた。

夏の甲子園では愛工大名電に0対10で敗れたが、18年の夏を大きく沸かせたことは間違いない。現在のチームは秋の県大会で2回戦敗退に終わったが、また三重の高校野球を沸かす戦いぶりが見られることを心待ちにしたい。

【2018年・白山の夏の大会戦績】
<夏の甲子園>
1回戦:愛工大名電 0-10

<三重大会>
決勝:松阪商 8-2
準決勝:海星 6-5
準々決勝: 4-3
3回戦:菰野 4-3
2回戦:上野 11-3(7回コールド)
1回戦:四日市南 10-3(7回コールド)

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?