News

【野球部訪問】東洋大牛久(茨城) 個の力は上位クラスも悔しすぎる秋の敗戦、チームの完成度を磨いて躍進の春へ!

2023.12.09


東洋大牛久

明らかに力のあるチームだ。しかし、秋季大会の1次予選・2次予選ともに初戦で敗退してしまった東洋大牛久
「選手一人ひとりの個々の能力はすごく高いと感じます。秋季大会では、十分に上位を狙える戦力はありましたが、まだチームとしては未熟でした。秋季大会で自分たちのチームとしての弱さを痛感したと思います」
そう語るのは長堀 肇監督。長堀監督は東洋大OB。NTT東日本の監督を務めた経験があり、2022年4月1日に同校の監督に就任した。同時に首脳陣も全員上尾(埼玉)出身の3人体制となり、充実した指導が行われている。

実際、練習を見ていても、選手一人ひとりの力があることは感じた。野手も打撃では強い当たりを量産していたし、投手陣のレベルも高い。また、選手はそれぞれ複数ポジションを守れるように練習をしているという。

主将の牧野 和真選手も秋の反省を口にする。
「選手一人ひとり力があると実感していました。しかし、いざ試合になると周りに頼ってばっかりで自分たちの試合というものが全くできませんでした。この秋季大会ではチームとしてのもろさというものが出てしまったと感じます」

秋の悔しさを冬に乗り越えて、東洋大牛久に輝かしい春がやってくることを期待したい。

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.26

【センバツ】26日は天候不良のため2試合実施。27日は2回戦4試合実施

2024.03.27

【福岡】飯塚、鞍手、北筑などがベスト16入り<春季大会の結果>

2024.03.26

【ボーイズリーグ】春の全国大会開幕! 福岡志免ボーイズはジャイアンツカップスタメン4人の経験値がウリ

2024.03.26

【長崎】清峰と佐世保工が激戦制して初戦を突破<春季大会の結果>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.22

報徳学園が延長10回タイブレークで逆転サヨナラ勝ち、愛工大名電・伊東の粘投も報われず

2024.03.22

大阪桐蔭が快勝、西谷監督が甲子園68勝で歴代最多タイ、北海は13年ぶり春勝利ならず

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.26

ポニーリーグの球春告げる関東大会が開幕! HARTY氏の大熱唱で協会創立50周年が華々しくスタート! 「まさにプロ野球さながら」

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.02.26

北陸の雄・金沢学院大学の新入生の経歴がすごい!U-18代表一次候補右腕、甲子園ベスト4の主将、甲子園ベスト8捕手などが入部!